脳科学でも実証!?毎日見るで英単語を暗記するトレーニング!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

普段なにげなく見ているものでも、繰り返し見続けることで脳に焼き付けることができる、ということについてお話しする。

目から入ったデータは全て保存される。「そんなうまい話があるのか」と信じられないかもしれないが事実である。(東京大学大学院新領域創成科学研究科による資料より)

では、毎日10~20個の英単語を暗記しなくてもいい、ということなのか?

1.見るを活用して記憶するとは?

私たちの脳は、あらゆるものを記憶する。そう言えば、思い当たる事がある。毎日毎日見ている看板の文言や色さらには細かな情報まで、覚えるつもりがないのにしっかり覚えている。

覚えようとしなくても、記憶される方法があるということになる。

大学生時代毎日片道30分から45分のバス通学をしていた。行き帰りのバスの窓から飛び込んでくる標識、看板、などあらゆるものを何も考えずに見ていたが、しっかり記憶に残っていた。

2.繰り返すことで脳に印象付ける!

何度も何度も「見る」を繰り返す。見るだけで覚えるわけではないので、どんどんとページをめくる。1、2秒かけてイラストと単語を眺めれば、30分で900語は見ることになる。

次の日も30分見る。そしてまた次の日も同様に見る。これを繰り返す。

では、ここで辞書をご紹介します。

3.全ての英単語にイラストがついている!

この辞書には日常会話に必要といわれる4000語が収録されている。4000語は以外に多いと思われるかもしれないが、すでに1000語ぐらいはなじみのある単語ではないだろうか。

特徴は以下の通り:
・12のカテゴリー
・カテゴリーには人・家・食べ物・健康・仕事等が含まれている
・各カテゴリーには約10~15のサブカテゴリーがある
・サブカテゴリーは平均2ページ
・ページに約20弱の単語
・各単語に全てイラストが付いている

4.これがその話題の辞書!

「OXFORD PICTURE DICTIONARY」

IMG_1170

見ているだけでもイラストがあることで一層関連付けが強くなる。単語だけを見ていても毎日見ていると覚えると言われているが、イラストがより一層覚え易く忘れにくくするのである。

1日のどこかで15分ぐらいひねり出して欲しい。細切れの時間でかまわない。毎日続ければ約10日で見終えることになるが、さらに見るを実行してはどうだろうか。

英単語を見てイラストを眺めながらイメージするという流れを実行して欲しい。繰り返すことにより必ず大きな効果を生み出すことは間違いない。

5.まとめ!

ここに注意を申し上げておきたい。出来れば日本語対訳を購入しないほうが望ましい。無意識にのうちに日本語に反応してしまい、日本語が強く印象付けられてしまうからだそうだ。

最後に、別売りのCDで発音練習を加えれば、より一層効率良く学習することが出来るだろう。

リスニングを鍛えながら英語を学ぶには:
参考記事:無料英語講義のengVid・リスニングを鍛えながら英語を学ぶ!

Oxford Picture Dictionary: Monolingual
Jayme Adelson-Goldstein Norma Shapiro
Oxford Univ Pr (Sd)
売り上げランキング: 145

こんな関連記事もどうぞ: