「1単語1意味」の覚え方から脱して、多く意味を持つ単語を例文で覚えよう!⑦

「1単語1意味」第7弾です!

受験用テキストや文法書では、多義語という言葉が使われていますよ。硬い表現ですね。

単語には多くの意味があります。「1単語1意味」だとどうしても融通が利きません。かといって3,4個の意味をいちいち一度に暗記するのは大変な作業です。

ですから、例文で覚えてしまおう、というのが狙いです!第4回目!

日本語の辞書で意味や例文等を確認したら、英英辞典でさらにその意味の確認をすることでどんどん英語の形や語順、さらには英語言い回しが頭に印象付けられますよ。

是非このプロセスを是非実行してみてください。

印象付け

わたしの印象付けの方法なのですが、皆さんは自分流の「印象付け」の方法を見つけることをお勧めします。

では、さっそく以下の問題にトライしてみてください!

 

Fill in all three blanks with one word to complete the sentences.(What one word fills all three blanks in the following sentences?)

A① It was Glen’s idea, not (     ) .
A② The closure of the coal (      s) caused a lot of unemployment in the area.
A③ The ship struck a (     ) and sank.

正解は「mine」!

A① グレンの考えで俺のじゃなかったんだ。
A② 石炭鉱山の閉鎖はその地域で多くの失業者を生み出した。
A③ その船は地雷にあたり沈没した。

A①に関して:
pronoun [possessive form of ‘I’]

A②に関して:
a deep hole or series of holes that are dug in the ground in order to find gold, coal, diamonds etc

A③に関して:
a type of bomb that is hidden just below the ground or under water and that explodes when it is touched

(例文と意味はLongmanより抜粋)

まとめ!

少し手間はかかりますが、上記のように例文で覚え、日本語と英語の辞書双方でしっかり確認するのが重要ですよ。そうしますと、その先には日本語の辞書使用が少なくなり、英語辞書が中心となるステージがやってくるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA