英会話の上達に役立つ書籍群を説明付できっちりご案内します!

このブログのターゲットはどんな人ですか?の質問にお答えします!

本日はわたしのブログは

 

誰をターゲットにしているのか?
何をゴールに設定しているのか?

 

ということについて書いてみたいと思います。

誰がターゲット?

こんな方々です!

 

・とにかく英会話を始めようと思っている方

だから心構えやメンタルブロックなどスタートする前のいろいろな事も記事で触れています。

http://eigo-jouhou.com/four-ways-to-improve-your-english/

http://eigo-jouhou.com/mental-block/

 

・仕事が忙しくてなかなかスケジュールが組めないという方

一般的なものですが、一年というスパンで何をどのくらいこなしていくかにつて細かく解説しています。

http://eigo-jouhou.com/how-to-be-bilingual-2/

 

さらに申し上げると、

個別に皆さんの英語の基礎力を測定してカリキュラムを組むことがよいと思います。

この判定には英語判定テキストを使います。

このテストの目的は、あなたが英語の大元である英文法、英語の構造(構文)、熟語、そして単語をどこまで認識しているかを確認して、どこからスタートするか決定します。
会話は話せばいいんでしょ?という方がいらっしゃいます。

 

その通りなのですが、

構文や熟語など基礎がないまま、記憶に頼った勉強法を続けてもなかなか上達しません。記憶に加速度をつけるには基礎知識が必要なのです。

例えば、会話の中にも「不定詞」が出てきます。

楽KUN
I’m glad to see you.
会えて嬉しいよ。
I have nothing to lose.
わたしには失うものは何もない。

文法的に言いますと、上が不定詞の副詞的用法の感情を表す表現、そして下が形容詞的用法です。

こうやって「知識としての英文法」「会話での言い回し」リンクして幅を広げていきます。ここで文法書を調べて名詞的用法もあることに気が付き、さらに知識の確認ができ情報の蓄積がスムーズにできるからです。

基礎知識があれば、新たな構文や熟語が出てきたときに記憶の関連付けが可能となり、スピードアップが図れるからです。

 

しかしながら、基礎が少ないからといって躊躇する必要はありませんよ。1年みっちりスケジュールに沿って積み上げていけば、ゴールが見えてきます。

 

どこがゴール?

皆さんが日本人として自分のこと、この国のことを自分なりに話すことが目的です。

 

いま世界中から多くの観光客が日本を訪れています。オリンピックが開催される2020年までは、なお一層その数は増えるに違いありません。

皆日本に興味を持っています。

だまってニコニコするだけのではなにも始まりません。

 

皆さんが発信者になることです。

最後に!

自分のこと、日本のこと、案外知らないことが多いですよね。

ここでも自分探しの学習が始まります。

知っているつもりの日本の慣習や風習。これも英訳して少しづつためていきましょう。

こんな関連記事もどうぞ:

http://eigo-jouhou.com/go-japan-go-your-guide-to-japan/

http://eigo-jouhou.com/plan-do-check-action-2/