英会話上手になるために変人留学生だったわたしが取った文法を会話に活かすための方法!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

なんでこの動詞を進行形にするの?

なんでこの動詞は原形のままなの?

文法のことなんですが、サクっと喋るときに使い分けできる覚え方をまとめたいと思います。

その前に少々。

変人留学生!

ところで、
わたしは現地ではこんな変人留学生だったんです。

いつも上手く早く喋りたい(そんなこと必要ないんですが)と思ってたんです。かっこつけたがり屋だったんですよ。

せっかく現地アメリカで何か人種を超えたテーマについて語り合っているのに、途中から英語の会話力絡みの話題に変更されたくなかったんですよ。

外国人扱いがいやだった!

英語の上手い友人の日本人にも「意識過剰すぎるんじゃないか」「考えすぎだ」とよく言われましたけど。現地の人たちにに「お前どこから来たのか?」っていう外国人扱いの質問されたくなかったんです。(当然外国人なんですがね、笑)

本題に戻ります。

共通のルールを見つける!

ですから、とにかく

・どうやったらすぐに体に染み込ませることができるか?
・どんな風に覚えればすぐにつかえるようになるか?
・どのポイントを焼き付ければ口から出るようになりか?

ということなどを基準に、文法や用法をとらえていました。

言い替えれば、調べた個別の文法が、幅広く使えるための共通リールを探してまとめておく、ということです。

ではここで質問です。

状態動詞!

質問します。

I’m loving it.

これは正しい英語ですか?

答は:ハイです。

解説:
love は状態動詞です。状態動詞は原則進行形を作ることはできません。しかし以下のような場合は進行形にすることができる、というものです。こんな副詞を伴って(だんだん)~するようになっている、という使い方が出来ます。

I’m loving it ( more and more) .
ますます好きになってきている。

そうですね、これマクドナルドのコマーシャルで使われている言い回しです。

まとめて押える!

上のような覚え方だと、記憶が薄くなるとまちがいなく口からでてこなくなりますよね。ですから、一例としてではなくまとめるようにした方がいいのです。

状態動詞は原則は進行形を作ることはできません。

状態動詞の種類:

心の状態や動き、自分の好き嫌い等が含まれます:
hate(憎む)
like(好む)
love(愛する)
want(望む)
prefer(好む)
believe(信じる)
consider(思う),
doubt(疑う)
fear(恐れる)
find(~思う)
know(知っている)
think(思う)
understand(理解する)

状態の持続や関係の持続を表すもの等が含まれます:
be, have (~を持っている)
remain(~であり続ける)
belong to (~に所属している)
consist of (~で構成されている)
contain(~を含んでいる)
differ (異なる)
possess(~を所有している)
resemble (~に似ている)

無意識的な感覚などを表すもの等が含まれます:
see(見る)
hear (聞こえる)
feel (感じる)
例えば、わたしは、今まさに見えている、聞こえている、感じている、と進行形のニュアンスの意味にしたいときは、can をつけてあらわすのがいいでしょう。

I am seeing、hearing、feeling という形にしないほうがいいですよ。

進行形にできる時を押えましょう!

※ 敢えて意識的に行為を表しているような場合には、

He is living in Kyoto now.
今は彼京都に住んでいますよ。(転勤で)

※(だんだん)~するようになっている、という副詞をとも待っている場合には、

I’m loving it ( more and more) .
ますます好きになってきている。

まとめ!

カテゴリ一覧

もし記事をお探しなら、「カテゴリ一覧」もご覧になってください。

こんな関連記事もどうぞ!