総論賛成各論反対って人多いですね、これを英語ではこんな風にいいます!

こんな言い回しには、ドンピシャの英語があります。

NIMBY

Not in my backyard!

つい最近こんなことがありましたね。

保活(保育園活動)問題には大いに持論を展開し保育園規制緩和などを訴える方が、自宅近隣に保育園ができるとなると、騒音による住宅環境の悪化と手のひらを返すなんてことが。

発音は「ニンビー」

どんなふうにこの語彙を使うかと言いますと;

ネット英英辞書によりますと、総論賛成各論反対をする人として使われます。さらにここから派生した言葉に、nimbyism があります。これはism がるいているのでお分かりと思いますが、そのような考え方、と言うことですね。

image

公共交通指向型開発に反対する人たちを皮肉ってます!
訳:左から
・出ていけ。
・TODはいらない。
・反対。
・遅れてごめん。渋滞に巻き込まれた!

※世界銀行が支援する、有効な土地利用と交通整備に配慮した開発を実施する公共交通指向型開発(Transit-Oriented Development:TOD)のこと。

写真のクレジット:NewsdayPENSTATE

普段の会話力があがるどんぴしゃのかっこいいフレーズを20連発!の第1弾

普段の会話力があがるどんぴしゃのかっこいいフレーズを20連発!の第2弾

普段の会話力があがるどんぴしゃのかっこいいフレーズを20連発!の第3弾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元ベンチャー企業経営者。現個別指導塾英語講師。