覚えている限りではありません、という定番の英語言い回しは!

「Not that I remember.」

いきなりnotから始まるこの言い回しは、前段に聞かれた、尋ねられた内容に対して、確信がないので否定するというものです。

私の覚えている限りでは「ない」です、となりますよ。

「Not that I can remember.」のようにcanがはいることもあります。

とてもよくつかわれる表現です。

これの類似表現には以前の記事でご紹介した「Not that I’m aware of.」があります。

知ってる限りではないわね、って英語でどんな風にいいますか?

2017.08.20

その他にも:

Not that I know of.

Not to my knowledge.

Not that I recall.

だれかこんなことを言ったか思い当たることはありませんか、尋ねられた時に;

楽KUN
Can you think of anyone who said something like this?
だれかこのようなことを言ったか思い当たりませんか?
渋KUN
Not that I can remember.
いいえ、覚えている限りではないです。

 

こんな関連記事もどうぞ:

してくれなくていいんだけど、ってこんな妙な英語の言い回し!

2017.11.12
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。