英語では数を表す言い方がたくさんあるので覚えやすいようにまとめてみた!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

tpsdave / Pixabay

自分のイメージしている数量をちゃんと英語で伝えたいと思うことはないだろうか!?
何故なら、発話した後に相手が怪訝そうな顔をするからだ。

そこで、本日はこの「数量表現」をまとめてみたので参考にしてほしい。

まずは、多いもの順に書き出してみる。
注意:左側に不可算表現・右側に可算表現

01.too much・too many

多すぎという感じ。

There are too many pop musicians these days.
最近は最近はポップ歌手が多すぎるよ。

We had too much beer last night.
昨日の晩ビール飲みすぎた。

02.so much・so many

非常に、とても多いというところ。

I was deceived so many times.
僕は何度も本気で騙された。

Thank you so much for doing that.
それやってくれて大変ありがとうね。

03.a lot of

たくさんと言う意味。
可算・不可算両方使える。

I read a lot of books.
私は本をたくさん読むよ。

We have a lot of water.
水はたくさんある。

04.much・many

よくご存じの定番。

例文なし。

05.quite a lot of

a lot ofより少なめのこの感じに注意!
可算・不可算両方使える。

It takes quite a lot of time.
かなりの時間がかかるよ。

06.quite a few

割に多いと言う感じ。

Quite a few restaurants open 24 hours.
割に多くのレストランが24時間営業している。

☆a few < quite a few < quite a lot < a lot

まず、上記の強度スケールで覚えてほしい。
でとらえ方は、
quite a few は、「a few というわけではない」で「割と多い」
quite a lot は、「a lot というわけではない」けど「かなり多い」

もう少し情報がある:
それは、このquite は、発話者の表情や強さによってこの強度スケールの具合が変わるということ。
これは厄介だ。ので相手の表情をよく観察することが重要。

07.some

可算・不可算両方使える。
順番に記載してきたので、some の位置はお分かりいただいただろう。
a few の上、several のやや上、many のかなり下となる。

08.several

格式ばった表見で、3~9までの数値を表すといわれている。

We go shopping to Shibuya several times a month.
月に何度か渋谷に買い物に行く。

09.a little・a few

少しの、少数のという感じ。

Would you wait for a few minutes ?
少しお待ちいただけませんか?

I have a little money now.
今お金が少しあるよ。

10.little・few

ほとんどないの意味となる。

11.hardly anyとalmost no

これもほとんどないの意味。
可算・不可算両方使える。

Hardly any/Almost no students could answer that question.
その問いに答えられた学生はほんのわずかしかいなかった。

12.まとめ!