料理に出てくる火を使う英単語、いろいろあるのでまとめました!

料理に出てくる火を使う単語を書き出してみました。

「broil」・「barbecue」・「roast」・「bake」・「fry」・「deep fry」

1.「broil」

実はアメリカ英語です。
to cook something under direct heat or over a flame.
上からの直火か火の上で焼く。

楽KUN
I have a cup of onion soup and a broiled chicken.
私はオニオンスープとあぶり焼きチキンをお願いします。

※同意語ではイギリス英語の「grill」がある。
※direct heatは直火という意味。
※dry heatはオーブンの乾燥した熱のこと。

2.「barbecue」

to cook food on a metal frame over a fire outdoors.
野外で火の上にのせた鉄板で食材を料理する。

楽KUN
Kid: I want to have that barbecued meat.
子供:あのバーベキューのお肉が食べたい。
渋KUN
Let’s have a barbecue on the beach.
ビーチでバーベキューやろうよ。

3.「roast」

to cook something such as meat in an oven.
肉などをオーブンで料理するという意味。

楽KUN
I think I’m going to roast the beef soon.
すぐにオーブンでローストビーフ料理するわ。

4.「bake」

to cook something in an oven.
オーブンで調理する。

楽KUN
My girl freind is now baking some bread.
ガールフレンドは今パンを焼いてます。

5.「fry」

to cook something in hot oil.
高温の油で炒める。

楽KUN
Why don’t you fry the potatoes for about 15 minutes?
15分ぐらいポテト炒めてくれる?

ちなみに
※混ぜながら炒めるは「stir fry」
※さっと炒めるは「saute」発音は「ソウイ」テを強く発音する。

6.「deep fry」

to cook food under the surface of hot oil.
食材を高温の油にいれて揚げる。

7.まとめ!

 

Longman Dictionary of Contemporary English (6E) Paperback
Pearson Japan
売り上げランキング: 1,394


こんな関連記事も読まれています