機械などの調子がいまいち、そんな時に使える英語の言い回しはこれ!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

日常会話で使えるちょっとした言い回しをご紹介する。

本日は「on the blink」!

意味は:(機械などの)調子が悪くて、と形容詞句として使う。
「on the fritz」も同様の意味となる。

追加情報:以前の投稿でご紹介した「to act up」は、動詞として同様の意味になる。
(機械などが)調子が悪くなる。

「blink」は、もともと動詞で、
・まばたきする、目をぱちくりする
・明滅する、ちらつく
などの意味がある。

プリンターなどのエラーライトが、点滅してちかちかする状態から、調子が悪いと来ているようだ。

余談になるが、自動車のウインカーは、英語では「ブリンカー」と言う。これはこの blink から来ている。

例文:
This fridge is on the fritz.
Let’s get it fixed.
How long has it been on the blink?

この冷蔵庫調子が悪いよ。
直しに出そう。いつから調子悪い?

※fridgeは、冷蔵庫の refrigerator の省略形であり、口語となる。

get it fixed.は、get を使った分詞の言い回しになる。get +目的語(O)+ 過去分詞で、「~ O をさせる」という意味になる。自分ではなく人にさせる。

has it beenは、is on the blink を現在完了にしたものである。have を加え be動詞の is を過去分詞の been にしたものである。