でる順パス単英検1級2400語、音声データを利用して一気に行く!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

IMG_1216

2400語を一気に覚えようと意気込んでいる。

読んだり、書いたり、DVD見たり、聴いたり、親戚とたまに喋ったり、生徒に指導したり。普段の生活では触れている英語。しかし、当然補強は必要!

そこで、昨日に続く、第2ハードル設定!
参照記事:「前月投稿数49で目標毎日2投稿に少し欠けたけど、第1ハードル超えそうだ!」

ハードル設定しても、企画・計画倒れにならないようカリキュラムを組んだ。

自己分析について:
自分の得意・不得意・好き・嫌い・いい癖・悪い癖をしっかり確認する。
私の場合:
・飽きっぽい方
・暗記が大嫌い
・書くのも嫌い
・見るのは好き
・聴くのも好き
・読むのはわりと好き

よって、私の場合は以下の手順で進めることにした。
01.単語見る
02.見覚えのある、知っている単語かどうか確認する
03.知っている場合は、すぐさま英語例文を読む
04.日本語訳と例文訳はサクッと確認する程度
05.見覚えのない、知らない単語は、発音記号を確認し発音する
06、英語例文で単語の意味をguessする
07.単語訳と例文訳を読んで確認する
08.赤点をつける
09.音声データのみを聴く
10.単語・英語例文をみながら音声データを聴く
11.もう一度音声データのみ聴く
12.以降この繰り返し
13.結果をみて書きも加える予定

スケジュールについて:
・単語量の決定根拠:ぐずぐずしない、年内中に、途中でやめない量、充てる時間など考慮。
・単語量の計算:2400÷2ヶ月(60日)=40語
・1日の学習時間:約1時間(早朝、塾出勤前、就寝前の3パターンから選択か全部か)

とこんな具合とした。
(あくまでわたし自身のためのプランで提案しているものではない)

音声データはしっかりiTunesにアップして、iPhoneにて常時携帯と準備を整えた。

無題

英検1級でる順パス単 (旺文社英検書)
旺文社
売り上げランキング: 4,617