カテゴリーから探す!

この英語の言い回し「pay one’s dues」の使い方ご説明します!

ご説明の前に少々!

最近少し気になるのが、

評価・信用を得るためではなくて、単に注目されるために人の関心を引く行為が横行していること。

最終的には、内容がなければどんなにバズっても消えていくんですが。

短期間にビュー獲得できるのでそうする人が多いですね。

それで広告料がかせげるので。

ま、私はじっくり行きます。

評価・信用を得るために!

「pay one’s dues」

pay your duesは、大変な仕事を通して権利を得る、つまり下積みの経験をするという意味で使われます。

英語では、to do something that you do not enjoy in order to have something that you want, or because you feel it is your duty(Cambridge Dictionaryより抜粋)

あのシルベスタースタローンの名作「ロッキー」の最終章になる「ロッキー・ザ・ファイナル」(日本題)「Rocky Balboa」(英語題)2007年製作から、とても印象的な会話を引用したいと思います。

シーンは、自分自身のためやり残したことをやり遂げるために、ボクシングを再開することを決意。ライセンスを取得するためコミッションからその裁定を受けるところです。

「NO」を言い渡されたロッキーが、悔いのない人生を全うするために自分のやるべきことをやり遂げる、それを止める権利は誰にもない、という気持ちをコミッションにぶつけるシーンになります。

タイムスタンプ:45分16秒です。
Amazonプライムビデオで無料で視聴できます:Amazonプライムの特典

少しこの会話英語の特徴をご説明しておきます。

・とてもべたべたな英語です。べたべたとは、素朴な飾り気のない英語です。
・生まれ育った環境とそこで使われている英語がそのまま出ています。
・ain’t や double nagative などもガンガンに使われているいます。
・人の機微のわかる年を取ったロッキーですが英語は変わりません。

Maybe you got something you never
finished, something you wanna do.
Something you never said
to somebody, something!
And you’re told no,
even after you pay your dues.
Who’s got the right to tell you that? Who? Nobody!
It’s your right to listen to your gut.
It’s nobody’s right to say no…
…after you earn the right to be what you
wanna be or do what you wanna do!

どうでしょうか?和訳いりませんよね。どんどん付足していく感じがありますでしょ。

敢えて言えば、関係代名詞がいっぱい使われてます。でも関係代名詞なんて考えてたら喋れませんよね。

 

こんな関連記事もどうぞ:

この英語の言い回し「First World Problem」の使い方ご説明します!

写真のクレジット:KOTOBA