ドラッカー氏曰く「自分が成長できない環境から迅速に抜け出すこと」!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

この方は20世紀の時代から、わたしたちがまさに今直面している「現代社会の問題」を予測していたのです。彼の思想は、組織や企業経営の分野だけでなく、「個人のプロフェッショナル成長の分野」にも及んでいました。

1.未来予測!

この方の説明は不要。ご存知のピーター・ドラッカー氏。

いわゆるナレッジワーカーが21世紀のビジネス環境で生き残り、成功するためには「自己の長所(強み)」や「自分がいつ変化すべきか」を知ること、そして「自分が成長できない環境から迅速に抜け出すこと」を勧めていた。
wikipediaより引用

2.今興っていること!

ブロガー、ユーチューバーなど自分の長所や強みを生かして、自分ブランドを発信し、生業を作り上げている方々が今注目されていまる(知らない人も多いと思いますが)

そして彼らの多くは、自身の主張の中で、「自分が成長できない環境から迅速に抜け出すこと」と、全くドラッカー氏の言葉を実践しているのです。凄い!!!

ここでわたしが今、何度も読み返しているブログ記事をご紹介します。

スポンサードリンク



3.らふらくさんの記事!

ブログのタイトルは「らふらく」。SuzukiTakuroさんが運営しているブログです。

wide

ストーカーのように、でも楽しくそしてワクワクしながら、彼の記事(とても記事数が多いのですが)を読みまくっているのですが、最近の記事で注目するものがありました。

それが、
「好きなことで稼ぐのはもう難しくない!気づいていますか?素人の時代であることに」になります。

なぜこの記事に触発されたかと申し上げると、わたし自身もいまほぼフリーランスとして活動しています。

ブログライターとして、サイトの広告収入とnoteでの販売収入、個別指導塾英語講師としての収入、という具合に時間やその他の制約にほとんど束縛されない「生業」を作り上げてきました。

この生き方は年齢という制約にも縛られないからです。定年もなければ解雇もなしです。努力をしない文句ばかり言う同僚やその他の人に悩まされることはありません。自分の時間を徹底的に活用して、全てのものを自分のフィルターを通じて発信できるからです。

英語の情報を提供していますが、本を読めばわかる知識としての情報ではなく、わたしという「ろ過紙」を通った「知恵」を発信することに努めているのです。

4.個人の成長分野!

さて、本題の彼の記事についての概要です。

・プロじゃなくても仕事にできる時代
・プロにしかできなかったことで個人が稼ぐ時代
・個人が稼ぐ環境は整っている
・とりあえずやってみることが大きな成功への第一歩

らふらくさんの記事より抜粋:

以前から申し上げていますが、デジタル革命の特徴は「音がしない」「音が聞こえない」のです。つまり、意識しなければ目の前さえ通りすぎていきます。関心がなければ、気が付くこともありません。

ですので、アンテナを立て、自分のフィルターを磨き、関心があれば行動し、経験を積み重ねることが重要なのです。経験を積み重ねれば発信量が飛躍的に増えてきます。

まさに、「・個人が稼ぐ環境は整っている」のです。

5.ご紹介したい書籍!

未来を予測し、21世紀を「ナレッジワーカー」の時代といったドラッカー氏。今若い世代に「自己の長所(強み)」や「自分がいつ変化すべきか」を知り「自分が成長できない環境から迅速に抜け出すこと」を実践している人たちがどんどんと表舞台で活躍を始めています。

一気に読み超参考になった書籍をご紹介します:

IMG_1356

アイキャッチ画像:EORUPEANCEO