英会話で使うとさらっとよく伝わる厳選の言い回しをご紹介する!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

こんにちは。今日はこんな言い回しです。

こんな感じの切り出しで、Facebookページにてご紹介していた「言い回し」を、すこしまとめてご紹介する。

1.使い方に注意する!

この言い回しとは、とても便利なものなのだが、反面その使うタイミングと本人の英語の実力により、良くも悪くも作用する。

いきがってかっこつけたいからと、はやりの言い回しや会話のエッセンス的なものを使うと、相手はあなたの英語力を勘違いする。

勘違いされてもいいくらいに普段の会話ができるのなら、それはコミュニケーションを豊かにし輪を広げることになる。役に立つ。

2.落ち込まないこと!

しかしでなければ、勘違いした彼らがあなたに矢継ぎ早に投げかけてくる英語に戸惑うだけだ。そのうえ、途中で彼らもあなたの実力に気が付いて、知らず知らずのうちに、会話の蚊帳の外に置かれている自分に気がつく。

そんなことお構いなしの、気にしない、落ち込まないあなたなら、どんどんこのパターンに遭遇しても攻めていこう。間違いなく上達も早い。

暖かいに国の方々はどちらかというとこのスタイルで、よくしゃべる。(但し、文法には?が付くことが多い)

3.悪知恵としての使い方!

短期留学(数か月から半年ぐらい)された方々が、その体験から得た悪知恵!(笑)で、帰国後によく使う手がこれだ。
この手の言い回しをさらっと使って、「英語かなりしゃべります」をプレゼンテーションすることがよくある。

うまい方々は、見せびらかすことはあまりない。

4.ご紹介する理由!

では、なぜそんな言い回しをご紹介するかというと、知っておいて損はないからだ。敢えて使わなくとも、知っていれば会話やその状況を正確に把握できるからだ。

日常会話では、熟語、フレーズや言い回しのオンパレードである。アメリカ人は特にフレーズが好き。

5.言い回しいろいろ!

「Are we on for tomorrow?」

明日予定通りだよね、という意味の言い回しです。
stillを挟み込んで、
Are we still on for tomorrow?にすると、まだ明日予定通り変わってないよね?
という意味になります。

例文:
I thought we were gonna go to see the movies.
映画見に行く予定だと思ってけど。
Yeah, we are still on.
ん、予定通りいくよ。

「Call it a day」

直訳は、それを一日と呼びましょう、です。わかりませんよね。
ぼちぼち終わりにしたいときに使いまます。

もう終わりにしましょう、という感じです。

例文:
GuyA:We’ve got nothing left to discuss, don’t we?
GuyB:Well, let’s call it a day.
男A:もう打合せすることはないですね?
男B:ん、終わりにしましょう。

「I’m good, thank you.」

どんな時に使うかというと、もう少しコーヒーいかがですか、なんてレストランで言われたときに使います。
「大丈夫です、ありがとう」という感じです。

ちなにみ「もう少しコーヒーいかがですか?」は
Would you like some more coffee?になります。

※ここで、何故anyじゃなくてsomeなんですか?についてお答えします。
疑問文なんですが、someでもいいのです。
それは、人に何かをおすすめしているときには、someを使います。
anyは間違いかと言いますと、間違いではありません。が但しこの状況ではほとんどの人はsomeです。今まさにお客様の前でおすすめしている、と言う感じがsomeで、形式ばった感じになるのがanyになります。

他の例:
困っている人に「手伝いましょうか?」と声をかけるときには、
If you need some help?がいいですよ。

他の答え方には:
I’m fine, thanks.もあります。
欲しいときには:
Yes, please.

No, thank you.ですと、「いりません」という感じになるのでお薦めしません。

「I’m running late.」

遅れている、と言う意味の言い回しです。

※動詞のrunには、「~の状態にある」と言う意味があります。
running out of timeは、時間がなくなってきている、と言うときに。
running short of fundsは、資金がたりなくなっている、と言うときに。

例文:
まずは、通常の言い回し。
I’m going to be late.
遅れます。

例文:
そして、runningが入ることで、
I’m running late.
遅れています。

ご参考までに:
これらの使い分けですが、
相手からの電話を終わらせたいときには、
うぉー、もう遅れているので、またあとで電話するね、の使い方で、
Boy, I’m going to be late. I’ll call you later.
が良いと思います。
I’m going to be late.は、もう実際に遅れているので。
I’m running late.だと、相手にまだ時間あると思われてしまいますので。
同時に、少しだけ不快なニュアンスを与えてしまいます。

しかし、
会社に遅れの電話入れるならば、
なんとか早く行きますが、の意味が残されている、
遅れてますが、出来るだけ早く帰社します。
I’m running late.

そして、
I’m going to be late.の後には理由をつけましょう。
I’m stuck in traffic.
渋滞に引っかかって、遅れます。

「Nothing gold can stay」

美しいものは、はかない、と言う意味の文になります。

ご参考までに:
アメリカの有名な詩人のロバート・フロストという方の詩の一部です。
直訳すると、金のようなものは長くはとどまらない。つまり善良や純粋といった美しさはいつか失われてしまう、というい解釈です。

そして、
stay goldは、純粋なままの美しい君でいて欲しい、と言う意味で使います。

例文:
Cherry blossoms are falling already.
もう桜の花ちってるよ。
Nothing gold can stay.
美しいものは、はかないものですね。

6.まとめ!

今回はFacebookページで以前にアップしたものをご紹介。今後は継続して新しいものご案内してゆく。

また、私のフェイスブックの友人たちのお役立ちサイトをご紹介する。

「Happy English」
「PHRASEMIX」

このお二人からは多くのフレーズや熟語、言い回しを読ませていただいている。