英会話の上達に役立つ書籍群を説明付できっちりご案内します!

思う壺にはまる、ってこんな英語の言い回しがありますよ!

「play into one’s hands」

さあ、英単語 play がついた言い回しです。

one’s hands を付けなくても使えますが、「思う壺にはまる」「術中にはまる」という意味の言い回しになります。手の中で踊る、という感じをつかめればいいでしょうかね。

英語では、to do what someone you are competing with wants you to do, without realizing it(LONGMANより抜粋)

That’s exactly what he wanted me to do.
それがまさに彼が俺にさせたかったこと。

I just played into his hands.
彼の術中にはまったんだ。

 

追加情報:That’s what の関係代名詞について:

what は使いやすいので会話でも頻繁に使われます。それは which を使うと先行詞を付けなければいけないからです。

what の場合:
That’s what he wanted me to do.

what の前には何もありませんよね。

which の場合:
That’s the thing which he wanted me to do.

the thing を which の前につけなければいけません。

どちらを使ってもいいのですが、会話ではやっぱり「what」のほうになりますよ。

 

英単語「play」のついたこんな言い回しもご紹介してきました。

「play hard to get」気のないそぶりをする

「play house」ままごとをする

「play politics」裏工作をする

「play favorites」えこひいきをする

 

こんな関連記事もどうぞ:

素直に話す、ってこんな英単語levelを使ってこんな風に言いますよ!

写真のクレジット:tecla sap