先週はいろいろなカテゴリーをアップいたしました。記事一覧です!

年を重ねると、筋肉痛に時差が生じます。2~3日から1週間の間をおいて襲ってくるそうです。

そういえば、昨日の筋肉痛がまだ来ておりません。関節の痛みはありますが!大笑!!!

では先週の記事をアップします。

「1単語1意味」の覚え方から脱して、多く意味を持つ単語を例文で覚えよう!②

Klaise / Pixabay

A① 私は彼を町でいちばんの教師だと考えている。
A② 結果についてはそれほど心配する必要なない。
A③ 彼には他人に対する思いやりがない。
A④ くれぐれもご両親によろしくお伝えください。
A⑤ あなたの提案に関していくつかの問題点を指摘したい。

続きは記事をご覧ください!

お酒関連の言葉でbartender以外にこんな英語表現がありますよ!

Unsplash / Pixabay

「bar back」

英語では、a worker whose job is to assist a bartender (as by setting out glasses and restocking beverages)(Merriam-Websterより引用)

この2つの英語の「~限り」ってどう使い分けるの?の簡単な方法はこれ!

ColiN00B / Pixabay

読んで納得してもパッと発信できるかがポイント!「as far as」「as long as」の使い分け。

11月27日から12月3日までの記事総まとめです!

BruceEmmerling / Pixabay

頼みごとしてきた友人に「あまり期待するなよ」とチクリと英語で一言!

skeeze / Pixabay

「Don’t hold your breath.」

hold your breath には、息を止める以外に、固唾を呑んで待つ、心配して待つ、という意味がります。

先を見通す、雲行きを知る、という英語の言い回しにはこんなものも!

GregMontani / Pixabay

「see the writing on the wall」

直訳の「この壁に書かれた文章」というのは、どうやら聖書のエピソードから来ているそうです。詳しくはネットで検索してみてください。

案外わかっているつもりの助動詞「can」!いろいろあるのでしっかりまとめました!

thekurupi / Pixabay

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA