カテゴリーから探す!

週記事一覧!言語学習についての重要なポイントを指摘しました!

週記事、先週のポイント記事はこちらです。

言語学習では「いつから」だけではなく「なにをどのように」が重要!

534131 / Pixabay

一人ひとりが内容の伴った言語学習をスタートさせるべきと痛烈に感じたので書きました。

その特徴は、言語学、脳科学・統計学などの検証済みの多くの科学的データをもとに、英語学習者にとって効果的で効率的な学習法・教育法を提示してくれているところです。

そして、さまざまな検証済みのデータがあり、巷で踊る「聴き流しで上達、あっという間にネイティブ、数週間で完成」などのコピーが、単なる幻想であることを思い知らせてくれます。

言語学習というのは、現地で早くから始めても簡単には身につくものではない、ということをはっきりと示唆しています。

 

ですから、

言語学習では「いつから」だけではなく「なにをどのように」が重要!

になるわけです。

関連記事のIDを正しく入力してください

今まで英語比較表現記事あげてきましたが、ここでちょっとまとめです!

比較表現の解説します。

ここまで何度か比較表現に関する記事をアップしてきました。

記事アップの本当の理由は、実はわたしは比較級が嫌いだからなんです。

どうしてかっていうと、まどろっこしくて、覚えにくいし、関連づけるのに手間取るから、ということだからです。

それなので、

自分でも改めて確認するため、読み直して、書き直して、見直して、皆さんに紹介しているのです。

そうしておけば、とっさに口から出てくるようになるからです。

関連記事のIDを正しく入力してください

おバカ、ってこんな英俗語があるんですよ!

Couleur / Pixabay

「schmuck」

英語でいいますと、jerk となります(Merriam-Websterより抜粋)

この「u」の発音は私たちにはなんとも不可解です。これは私たちの軽く「あ」という感じです。

発音記号でいいますと、 e の逆さまのですね。

関連記事のIDを正しく入力してください

真似してからかうなよ、って言いたいときにはこの英語の言い回し!

skeeze / Pixabay

「Don’t mock me」

関連記事のIDを正しく入力してください

俺のトレードマークだから、って trademark はつかいませんよ!

Hans / Pixabay

「my signature」

英語では、A distinctive pattern, product, or characteristic by which someone or something can be identified.(Oxford Living Dictionariesより抜粋)

関連記事のIDを正しく入力してください

確実に積み上げて来た人の書籍を買いました!「らふらく」さんです!

普通にしっかりコツコツ積み上げている人が、あまりにも少ないネット社会!

そんな中でしっかり書き続けている方のブログは読みます。

もし、その方が確実に積み上げてきたものを、惜しみもなく提供してくれる書籍が発売されるなら買います。

関連記事のIDを正しく入力してください

現代新書が初めての kindle フェア!【30%OFF】

josemiguels / Pixabay

残念ながら、英語関連書籍はありませんが、

【30%OFF】はじめての現代新書フェア(4/20まで)

日常に関することからアラブ関連まで面白いタイトルが見つかった。

関連記事のIDを正しく入力してください

髪切ったよ、って英語で「自分で切った」って言わないように!

TheJadedEye / Pixabay

「have my hair cut」

これで髪切る、私たちが床屋やサロンで髪を切ってもらうという意味です。

ついつい自分で髪切ったという意味の英語にしてしまいます。

I cut my hair. 自分で切ることもあるでしょうが。でもこれを聴くと現地の人は、興味津々でいろいろ質問してきます。

関連記事のIDを正しく入力してください

英語で自分の名前の綴りを伝えるときには、これを使いますよ!

blickpixel / Pixabay

「for」「as in」

電話などで、相手に名前を伝えるときに、メールアドレスを聞き返すときに、よく使用する確認の言い回しです。

特に自身の名字を使えるときには、相手が聞き返してこなくても伝えるようにしていました。

英語ではフォネティックコードとよばれるものを使って聴き間違いを防止していますよ。

関連記事のIDを正しく入力してください

問題に直面している、っていう英語の言い回しはこれ!

RyanMcGuire / Pixabay

「be up against」

関連記事のIDを正しく入力してください

私の英語通じた、ってこんな表現なんですよ!

「make oneself understood」

以前の記事でご紹介した使役動詞の用法に関連するのですが。

make もまた過去分詞を伴う言い回しがあります。

関連記事のIDを正しく入力してください

禁止命令の意味の英語はこれ、接近禁止命令という意味でも使えます!

「restraining order」

英語では、A restraining order or protective order is an order used by a court to protect a person or entity, and the general public, in a situation involving alleged domestic violence, harassment, stalking, or sexual assault.(Wikipediaより抜粋)

関連記事のIDを正しく入力してください

役に立たない、のこんな言い方をご紹介します!

「have no use for」

have は get にも置き換えることが出来ますよ。そして必要ない、役に立たない、という意味になります。加えて、大嫌い、我慢ならないというのもあります。

関連記事のIDを正しく入力してください

疑いをかけられている、って英単語 under を使って言いますよ!

Lee_seonghak / Pixabay

「under a cloud (of suspicion)」

関連記事のIDを正しく入力してください