平静を装うをpretendを使わずに英語ではこの言い回し!

「put on a front」

平静という言葉は含まれていませんが、この熟語で表しますよ。

通常ですと、try to be calm という感じでしょうが、この全く異なるこの言い回しはぜひチェックしてください!

楽KUN
No, I won’t tell you.  If I tell you the truth, you will act differently.
だめ、言わないよ。ほんとのことを君に言ったら、違った態度とるから。
渋KUN
Well, I can put on a front.
ん~ん、ちゃんと平静を装えるよ。
あーささん
この表現に近いもので、put up a (brave) front というのがあります。直訳しますと、勇敢な顔つきを着る、から平静を装う、となりますよ。
楽KUN
I’m sure he’s just putting up a front.
間違いなく彼は平静を装っているのさ。

この「put up」には、宿泊する、宿泊させる、という意味があります。へ~とお思いでしょけれど、これで宿泊させる、宿泊するなんです。

そもそもこの英熟語の「put up」には多くの意味があり厄介です。眺めていてもなかなか関連性を見つけることが出来ずに頭に入れにくいものの一種です。でもなんとか「掴み方」を見つけなければ、即座に口をついて出てきませんよね。

この件についてはこちらの記事をどうぞ:

宿泊させる、宿泊する、ってこのフレーズでいけるんですよ!

2017.03.23


こんな関連記事も読まれています