スマートウォッチの新たな形、電子点字リーダーと言う発想が昨年発表された!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

全く新しい考え方でスマートホンをとらえたに違いない。
お隣の国韓国から素晴らしいアイデアが生まれた。

This New Watch Lets Blind People Read Real-Time Smartphone Data in Braille

こんなタイトルで始まるタイム誌の記事がでた。点字を表示できるスマートホンを考え出した人たちがいる。ベンチャー企業の Dot Inc. の開発者 Eric Ju Yoon Kim 氏は、目の見えない人達のためにこそウェアラブルデバイスがあると確信していたそうだ。
タイム誌よりタイトル抜粋)

This New Watch Lets Blind People Read Real-Time Smartphone Data in Braille 

Until now, visually impaired smartphone users have had to rely on Siri and other readers to find their way around the Internet and digital world, but a new device in development in South Korea may change their experience completely by instantly turning text messages and other information into braille.

この新たな腕時計は視覚障害者がスマートホンデータを点字で読むことを可能にする!

現在まで、視覚障害のあるユーザーはSiriに頼るしかなたった、またほかの読み手もネットやデジタル機器以外の手段を見つけなければならなかった。しかし韓国で開発されたこの機器は、彼らの体験を全く異なるものにするかもしれない。メールやその他の情報を瞬時に点字に変換することで。

昨年8月に試作モデルを発表。販売価格帯を多くの人が入手可能な金額にするようだ。さらに彼らは、点字が読めるパッドも開発中だとか。今後が楽しみだ。

情報としては昨年8月のタイム誌の記事を抜粋し和訳を付けたが、今後もできるだけ早く新情報をアップしてゆくつもりだ。

追加情報(英語発音はブレイル)
Braille とは世界標準のブレイユ点字(法)のこと。フランス人で視覚障害者だったルイ・ブライユ(Louis Braille)氏が、1821年に考案した点字法のことだ。
写真のクレジット:TECHINASIA