英文法で習う「時制の一致」について少しご説明します!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

まずは質問があります。以下の2文でどちらが正しいでしょうか?

1.Jane said to me Hiro was going to San Francisco.

2.Jane said to me Hiro is going to San Francisco.

正解は:両方とも正しいのです。単に使い方が違うだけなんですよ。

時制の一致とは?

ご説明します。1.は、時制の一致がかかった文になります。時制の一致とは、主節の動詞が過去ならば、従属節の動詞も過去にしなければなりません、というものですね。覚えてますよね。

そして、これには例外があります。従属節が「一般的真理」(時間の経過にかかわらず変わらない事実)や習慣をあらわすときには、時制の一致の拘束を受けませんと言うものです。

時制の一致の正体!

もう少しわかり易く申し上げますと、

I heard that…

Jane told me…

He said to me…

I knew…

I thought…

などなど。

そしてこのような出だしでスタートする文の時には、時制の一致がかかりますよと、というものです。機械的にポンポンとそろえていけばいいのです。

例文2は一体何?

でも、2.の例文は、一般的真理でも習慣でもないじゃないか?なぜなのか?

これは意識して現在形にしているのです。Hiro is going to San Francisco.に行くことを強調したくて言っているのですよ。

だからこれも正解なのです。

一般的真理の例文

The book said that the earth is round.
He said that man is mortal.

習慣を表す例文

He told her yesterday that he is a soccer player.

まとめ!

言葉は生活の中で使われます。使い手がどんな気持ちでどのように表現したいのか、ここがポイントです。こんな感覚を是非押さえてください。

関連記事もどうぞ: