自分といっしょにするなよ、ってこの英語が使えます!

「speak for yourself」

人も同じだとは思わないで、一緒にしないで、勝手に言ってな、私の意見は違うよ、など、 相手の意見に賛成できない時に使えますよ。

英語では、informal (used as an imperative) do not presume that other people agree with you(Collinsより抜粋)

楽KUN
No one wants sushi again tonight.
誰もまた今晩寿司食べたくないよな。
渋KUN
Speak for yourself. I do!
いっしょにするなよ。俺は食べたいんだけど。

 

こんな関連記事もどうぞ:

賭博で身を潰す、財産を失う、ってこんな風に英語でいえます!

2017.08.23
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。