なんと悲しい物語なんでしょうか!STAR WARS ROGUE ONE!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 34

本日、STAR WARS ROGUE ONE!見てきました。

感想を申し上げます。

なんと悲しい物語なんでしょうか!

妻を失い一人娘と別れる覚悟を決め、一人帝国軍に投降した父。しかし表向きは帝国軍に屈したと見せかけていたが、実は敵を欺くため。

自分がいなくてもこの狂気の武器が完成するなら、技術供与するふりをしてその間に武器の弱点を反乱軍に伝えることが父の目的だった。

父の気持ちなど知る由もない娘が、皮肉にも反乱軍に加わることになる。実は父暗殺が目的のミッションであることも知らずに。

父の真意を知り、狂気の武器デス・スターの設計図を盗むために命を懸けて仲間たちと臨むことになる。

彼らのコール・サインは;

「Rogue One」

エピソード4の冒頭、レイヤ姫がR2D2にデス・スターの設計図ホログラムを託すシーンがあります。

デス・スターの設計図ホログラムは、この命を懸けて戦った仲間たちによって奪ったものだったのです。彼らの命の代償なのです。

もう一度動画をアップします。

Rogue One: A Star Wars Story Trailer (Official)

Rogue One: A Star Wars Story Trailer #2 (Official)

アイキャッチ画像:Buzz Plus News

フルスクリプトはこちらでどうぞ。

こんな関連記事もどうぞ:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします