なんでもする、ってこんな英語の言い回しもあります!

「stop at nothing」

さまざまな言い回しがありますよね。使い分けるようになれば最高です。まず覚えてしましましょう。

英語では、If you stop at nothing to achieve something, you are willing to do anything inorder to achieve it, even if it involves danger, great effort, or harming other people:(Cambridge Dicitionaryより抜粋)

楽KUN
She stopped at nothing to get what she wanted.
彼女は欲しい物を手に入れるためには手段を選ばなかったよ。

 

もう一つの「なんでもする」はこれです:「I’ll do whatever it takes」

whateverに続く語順ですが、SVになっています。これは文頭にすでにSVがあるので疑問文の語順から元に戻るという「間接疑問文」の文法によるものです。

友達に、なんでもするから頼むよ、って英語でお願いするときには!

2017.06.29

こんな関連記事もどうぞ:

英単語の「second-guess」ってこんな意味で使えるのですよ!

2017.09.12
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。