英文法学習飽きた、続かない、そんな時の対処法とお役立ち英語関連書籍!

世話する、面倒をみる、というこの3つの熟語の使い分けをご説明します。

「look out for」

この言い回しを日本語の辞書で調べますと「世話をする、面倒をみる」というのが含まれています。

それなら、こんなのもありましたよね。

take care of

look after

パッと読むための目次

take care of

では「take care of (something / somebody)」からチェックしていきましょう。

1番目:面倒を見る、世話をする

You’re gonna have to take care of the dog.
犬の面倒はあなたが見なくちゃならないわよ。

Take good care of yourself.
お元気で。お体に気を付けて。

※上記はよく見かけますよね。

2番目:処理する、対処する

Don’t worry about that.  It’s all taken care of.
その件は心配しないで。全て対処済み。

※これも頻繁に使われます。

次に「look after」ですね。

look after

「look after (something / somebody)」です。

これほぼ上記の「take care of (something / somebody)」と同じような意味で使われます。

I’ll will look after your kids.
わたしが子供たち見てあげるわよ。

 

さて本題の「look out for (something / somebody)」について

look out for

世話をする、面倒をみる、というより「気をつかう、味方する」と言う意味の方で使いますかね。

We grew up together and looked out for each other
俺たち幼馴染でお互い助け合ってきた。

もう一つ「何が起こっているか、周りを注意してみる」の意味があります。

There is one more thing you gotta look out for.
もう一つ注意しなきゃならないことがあるよ。

 

そして、
look out for number one (oneself)

これは「自分のことだけ考える、自分勝手である」という意味になります。

It turns out he was just looking out for himself.
彼は自分の事しか考えてないってことがわかったよ。

※「it turns out」は「~することがわかる、判明する」という意味ですよ。

 

こんな関連記事もどうぞ:

誰も気が付かない、って英語ではこの言い回しですが、ご説明いたしますよ!

写真のクレジット:SummitOfficial