サッと書く、ちょこっと残す、英語でメモを書くときのコツ!

長い文章はなかなか大変、でも短い文章なら、と思ってチャレンジしてみても上手くいきませんでした。

こんな相談を受けたことがあります。

メモを書くときのコツ!

でも心配いりませんよ。

足りないものを補えばいいのです。

いろいろな方法で時間かけて集めるのは大変です。(勿論自分でやった方がいいのですが!)

例えば、

「単語」「熟語」「出だしの言葉」「省略語」「締めくくりの言葉」「日付」「前置詞」「時や場所の表現」その他役に立つ語彙。

時や場所の表現はこんな感じ!

出だしの言葉、説明付きで!

これ全部まとめて一冊に入った書籍をご紹介します。

単語集も確実に500以上掲載されてますよ。

読みやすいですよ、使いやすいですよ、よくまとまってます。

著者リサ・ヴォートさん!

リサ・ヴォートさんのこの書籍です。

メモで身につく日常英語

そして、

この方のサイトはこちらです。

Listen With Your Heart -LISA VOGT-

幅広い活動をしている方ですよ。気に入りました。

最後に!

この書籍があれば、英語で手帳にチャレンジを考えている方にも最適です!

是非チェックしてみてください。

こんな関連記事もどうぞ:

中学校の英語語彙と文法で英作文を組み立てる、書く技術について解説します!

2016.09.03

私たち日本人が英語を話すために持つべき理解とその覚悟について!

2017.05.25
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。