残念だ、お気の毒、という意味になるいろいろな英語の言い回し!

「That’s a shame」

とてもよくつかわれる言い回しです。相手から出来ない理由と聴いて、返答する言葉です。「それは残念だ」と訳してくださいね。

ジェームスボンドの最新作「Spectre」の中でこんな感じで使われてますよ。

あーささん
Moneypenny:Your delivery.
マニペニー:お届け物よ。
楽KUN
Bond:Thank you.  Would you like a drink?
ボンド:ありがとう。飲むかい?
あーささん
Moneypenny:No, thanks.  I’m not staying.
マニペニー:結構よ。すぐに帰るから。
楽KUN
Bond:That’s a shame.
ボンド:それは残念だ。

 

本当に残念だという意味に加えて、ほんと君はものが見えないね、こんなチャンスはないのに「お気の毒に」というニュアンスも含んでいます。

さらに追加情報です:

まずはこれから。

That’s too bad.

これは物事がうまくいかなかった相手に声をかけるときに使いますよ。残念だな、お気の毒、という意味になります。

そして、

That’s a tough luck.

さらに、ストリートで使われる(テレビコードにも引っかかる4字が含まれたもの)のがこれ!

That’s a tough shit.

※ sxxty や fxxking といった「危ない単語」笑!は形容詞としてぺたぺたと名詞前にくっ付けて使われます。

こんな関連記事もどうぞ:

気合をいれていく、ってこんな英語の言い回しがあります!

2017.10.11
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。