メタンは同じ放出量で二酸化炭素の23倍の温室効果を英語で読む!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

今年の1月14日付タイム誌の記事は、メタンガスの地球温暖化への甚大な影響についてだ!

This Is How Much the California Gas Leak Is Hurting the Planet

これがまさにカリフォルニアで起きているガス漏れがどのくらいこの地球を傷つけているかと言うことだ!

単語と熟語:
in sight は、の見えるところに、という意味。ここでは「見込み」と訳すとわかり易い。
spew は、噴き出す、という意味。
methane は、メタンのこと。発音は「メシン」メを強くシは th の発音。
carbon dioxide は、二酸化炭素。
radiation は、放射熱になる。
global warming は、地球温暖化という意味です。

A gas leak deep under Los Angeles has been spewing 1.6 million lbs. of methane each day, with no immediate end in sight.

The months-long leak in Porter Ranch is already the worst in California’s history, and environmental advocates fear it could have a long-term impact on the climate. While methane does not stay in the atmosphere for as long as carbon dioxide, it traps radiation more effectively, making it a significant contributor to global warming.

ロサンジェルスの地下奥深くからのガス漏れは、毎日160万ポンドのメタンガスを吹き出し続けているにもかかわらず、今のところ終息の見込みがない。

ポーターランチの何ヶ月にもわたるガス漏れは、すでにカリフォルニア史上最悪の事態となっている。環境擁護者たちは、長期的には気候にも大きな影響を与えるのるものになりかねないと恐れている。メタンガスは、二酸化炭素ほど長く大気中にとどまらないが、放射熱を二酸化炭素よりより効率的に取り込むので、地球温暖化防止に甚大な寄与することになる。

ここで、「二酸化炭素ほど長く大気中にとどまらないが、放射熱を二酸化炭素よりより効率的に取り込むので」という訳の意味を解説しておく。

なぜ、二酸化酸素より早く大気中からなくなるのに、こんなに騒いでいるのかと言うと、メタンは二酸化炭素の23倍の温室効果をもつものであるということ。ようするに、23倍もの熱を閉じ込めて地球表面にとどまることにより、地球の熱が冷めないということだ。

大気中の二酸化炭素(CO2)濃度の増加が地球温暖化の原因として着目されていますが、メタン(CH4)は同じ放出量で二酸化炭素の23倍の温室効果をもたらすと言われています(2001年, IPCCの報告)。
数値根拠はこのサイトより引用している:日本語バイオポータルサイト

まとめ!

もともとこの国は温暖化対策推進に消極的だったにもかかわらず、自ら甚大な量のメタンを吹き出し続けているというのが今回のポイント。

タイム誌が、1.6 million lbs.という毎日のメタンガスの排出量を、他のものに例えているのでそれを引用しておく。

☆Driving over 4.5 million cars in one day
☆The emissions of five coal-fired plants in one day
☆2.2 million cows in one day

写真のクレジット:TIME