映画「Jack Reacher」前作からこんな言い回しを再度ご紹介です!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

今映画キャンペーンのために来日中のトム・クルーズさん。

彼の最新作が明日11日(金)からロードショー公開されます。

Jack Reacher: Never Go Back

さて、新作映画のご紹介ではありません。前作のジャック・リーチャーからフレーズをご紹介します。

それは、

木を見て森を見ず情況をよく把握できない」という意味の英語フレーズです。

「the forest for the trees」

「can’t see」を付けた the forest for the treesは、皆さん日本語でよくご存知の、木を見て森を見ず情況をよく把握できない、の意味になりますよ。

あーささん
「the forest for the trees」だけを使って、全体をよく見るんだね、なんて使い方もできますね。

この映画のシーンで使われているのです。2012年に公開されたトム・クルーズさん主演の映画「アウトロー(原題:Jack Reacher)」のこのシーンです。そしてAmazonプライムビデオではもう無料で視聴できます。

Amazonプライムの特典

タイムスタンプの29分56秒のシーンです。

無題

渋KUN
Emerson:Hey army… What’s the serial number on the rifle?
陸軍さん、ライフルのシリアルナンバーは?
楽KUN
Reacher:What’s the date on the quarter?
あの25セントは何年だい?
渋KUN
Reacher:1968.  Forest for the trees, detective.  Forest for the trees.
1968年!目をあけてしっかり見るんだな、刑事さん。しっかり。
あーささん
英語では: Focus only on small details and fail to understand larger plans or principles.
あーささん
イギリスでは、the wood for the trees.とも言うそうですよ。

他のこんな例文はいかがでしょうか

あーささん
You are so focused on product details that you can’t see the forest for the trees.
製品の詳細にこだわり過ぎて全体が見えてないよ君は。

アイキャッチ画像:http://ow.ly/4WN630622By

ドラマで英語リスニングの訓練はいかが: