語学学習の最終目標は”学習した知識”を”会話する力”に変えること!でもどうすればいいの?

役に立つ英語の情報

会話する力をつける!

 

たくさん単語や熟語を覚えたのになかなか会話につながらない!

 

かなり長文も読めるようになったのに言葉が口から出てこない!
オンライン英会話でリスニングは良くなったが会話が続かない!

 

そんな人が多いと思います。

 

それで、

「もう一度中学の文法を読み直しています」

「単語帳と熟語本の見直しを始めています」

「映画やビデオの英語を聞き流しています」

 

という方がたくさんおられます。

 

わたしは語学学習の最終目標は、単語や熟語などを覚え書籍などの読み込みを続けてきた知識を、実際の現場で自由に使いこなすようにすること、だと思っています。

 

学習した知識 ⇒ 会話をする力

 

どんなに難しい書籍などを読むことが出来ても、気の利いた表現の熟語やフレーズを思えても、映画やビデオの英語を聴き続けていても、簡単な英語が口から出てこなければ、会話をすることは出来ませんよね。

 

そのためには、語学の4要素である「読む・書く・聴く・話す」をバランスよく、効率的に、伸ばしていく必要があるのです。

 

はっきり申し上げて、そのためのトレーニングは簡単ではありません。コツコツと毎日続けることが唯一の方法なのです。

私たちが幼いころから少しずつ日本語を覚えたように

 

でも大人になってできることがあります。それは効率よく学習して習得の量とスピードを上げることです。

 

そのためには、あなたに合ったカリキュラムを組んで学習する必要があるのです。

 

ですかから闇雲に詰め込んだりすることはやめましょう。

 

全ての人に当てはまるものではありませんが、

一つのカリキュラムとして次の記事をご紹介しますので、是非目を通してみてください

どうしたら英会話ができるようになるのでしょうか?お答えします!

2016.05.18

概要はこのようになっています。

英会話の夢を実現する!

「村上式シンプル英語勉強法」の村上氏の言葉を借りたいとおもいます。

お尻に火を点けて、もう一度英語学習のやり直しをスタートさせる!

2015.12.10

 

・私も英語が出来なかった
・英語は”2台目の自転車”である
・英語は十分条件でなく、必要条件
・英語が出来なきゃ、毎日の情報に遅れる
・英語が出来ない日本は”ヤバい”
・もう遅いなんてことは、絶対に、ない!

英語は一部の人しか使うことができないのだろうか?

答は一部の人である。そしてあなたがその一部の一員であるかとうか?
あなたは英語という道具を授かったに違いないが、その使い方を正しく学ばなかったのかもしれない。

 

英語を使う日本人になろう、と以前こんなメッセージを書いたことがあります。

 

英語は単なるツール。
ツールですから使いこなせばいいのです。
使いこなすためにはしっかり訓練をしましょう。
水泳のトレーニングをするときに似ています。
最初は苦しいが、続ければ泳げるタイミングが来ます。
「あ、これだ!」と感じる瞬間が訪れます。
しかし継続しなければ相手から来ることはありません。
なので続ければいいのですよ。
そして来れば自信につながります。

 

これがあたなの英語の地図となりますことを強く願っています。

運営者:鈴江浩之

 

こんな関連記事もどうぞ:

英語の上手な人だけが特別な脳機能があり上達を享受しているわけではありません!

2017.01.24

2 件のコメント

    • たーちゃんへ!
      コメント感謝です。そしてご紹介いただいてありがとうございます。お褒めの言葉にも感激です。
      もうそのまま感じたことを書いていただくのが一番です。
      ありがとうございます。
      頑張ってください。
      鈴江浩之

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元ベンチャー企業経営者。現個別指導塾英語講師。