自分の国のこと知らないのに外国人に紹介できないのでこのサイトを参考に!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

matcha-684438_960_720

これだけ外国人が来日するとなると、「どこから情報を得て」「どんな場所にいくんだろう?」
と思うことがある。

どうやらそれには2種類の情報源があるらしい!

1.外国人による英語の日本紹介サイト!

1つはこれ。観光客の間ではかなり有名なサイト「Go Japan Go」
Craig Fryerさんと奥様が2002年に始めた日本案内のサイトだ。多くの観光客がこのサイトにアクセスして日本訪問の準備をするらしい。

gojapango_logo_141x100

Team Behind GoJapanGo
The team behind GoJapanGo, is the same husband and wife team that established Japanese Lifestyle back at the beginning of 2002. Craig Fryer is editor in charge of GoJapanGo and the main photographer. Mina Yagami, who comes from Osaka, is the lead researcher and Japanese communications specialist.

2.SNS活用による観光客同士の日本情報交換!

そしてもう1つは観光客同士の情報交換だ。SNSを通じて日本の情報をアップ、それを頼りに次々とその場所を訪れるというもの。

本日はそんな日本ブームの中、日本人による日本情報発信というサイトが現れた。

3.外国人向観光客向けの日本語のWebメディア

それが「MATCHA」と言うサイトだ。

logo1

MATCHAは、日本に来る外国人観光客向けのWebマガジンです。

MATCHAで大切にしているのは、”熱量”です。
決して、観光ガイドや口コミサイトを目指している訳ではありません。
一人一人が「ここはいい!人に伝えたい!」と思うものを書いています。
一人一人が実際にその場に行き、熱量を持って取り上げ
日本の価値のあるものを、その良さを世界中の人に伝えていくWebマガジンです。

日本には素晴らしい文化が沢山あります。
日本食、日本酒、伝統工芸、建築物など、地域ごとに異なる特色があります。
しかし現状では、商業の均質化、過疎化や人材不足により、
日本のいいものがすごい勢いで無くなっています。
そして、その多くを、私たち日本人は知りません。

どれだけ良い場所や良い物であっても
それを伝えない限り、人に知られることはありません。
誰にも知られなければ、どれだけいいものであっても残っていくことができません。

MATCHAを通じて、日本の各地域の良さを
日本中、世界中の人に伝えることができると考えています。
伝えることで人を動かすことができる。
人に届けることで、価値のあるものを時代と共に残すことができます。

これから日本全国を取り上げ、世界で1億人が見るWebマガジンを作っていきます。
日本の可能性は東京だけでなく、都道府県すべてにあり、
私たちはそこに価値を見出していきます。

4.まとめ!

英語が苦手なので手をこまねいていたら、外国人の方が観光客のために英語で日本のことを紹介してくれた、という気持ちになる。なにも完璧でなくても、少なくとも翻訳チェックを入れながら、私たちの手で発信したかった。

SNS等の情報交換も多くの方々は英語を使っている。英語圏の方々だけが来日しているわけではないことを考えると、この情報発信もわたしたちにできないことはない。

さて、このサイト「MATCHA」は、英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、インドネシア語、タイ語、やさしい日本語、日本語の8言語に対応しているそうだ。

ようやくわたしたちがしなければならないことが始まった気がする。

「ぜったいに日本のこれを伝えたい」を発信し続けてほしい。くれぐれも「観光客が欲しがるもの」にならないように。応援したい!