こういう男だから、こんな俳優と英語でこんな映画を創る!監督紀里谷和明!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

紀里谷和明という男の考え方!

1.監督自らビラ配りに立つ!
答は、自分の子供が死にそうになってて、治療費用が莫大に必要だったら、募金箱もって街頭に立つ。
2.日本では働きすぎを悪しきものと考える風潮があるが?
答は、熱をもって泥まみれになりながらでも、血ヘド吐きながらでも何かをするっていう姿勢がない。
3.熱いですねっていう冷めた姿勢があるが?
答は、余裕ないくせに、かっこつけて舐めたこと言ってる。
4.なぜ日本からイノベーションが起きないのか
答は、なんでもかんでもぬるい。レスポンスがとにかく遅いし、細かいところまでこだわらない。
5.なぜ自己責任という考えをもっているか?
答は、それ以外にないから。何かしら外的要因のせいにしてる人が多すぎる。何かのせいにしてなんにもできないからって、一生懸命がんばってる人を笑い、攻撃するヤツまで出てきた。
6.日本でおきているネット社会の弊害とは?
答は、「がんばって行動する人たち」と「しないヤツら」の内戦。「何かに情熱を傾ける人たち」と「それをバカにするヤツら」の内戦。
7.ここ10年の日本の衰退の原因は?
答は、嫌なこと言われるかもしれない、デメリットがあるかもしれない、炎上しちゃうかもしれない・・・、これらに耳を傾けすぎて、姿の見えない第三者の言いなりになったから。
8.ツイッターで言い返している理由は?
答は、悪く言うのはいい。何を言ったっていい。でも、その言ったことについてはしっかりツッコまれるっていう風潮ができればいい。
9.あんな悪口放っておいたほうがいいのでは?
答は、放っておくからこういう社会状況になるわけ。
10.そういう社会状況でイノベーションはうまれない?
物言わぬ支持者が黙りこくってるからこうなっちゃうわけ。
(「日本では内戦が起きてる」圧倒的な迫力に言葉を失った紀里谷和明氏インタビューよろ抜粋):Spotlight 心を動かす、新発見を
わたしのコメント:すべてに賛同!
あなたどう?
映画『ラストナイツ』 紀里谷和明監督特別映像 / メイキングシリーズ

映画「ラスト・ナイツ」の公式サイトはこちらから:

http://lastknights.jp/