好きな人は以外と身近にいるものです!でも気が付かないことが多い!「巡り合い!」

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

無題

この記事の英語パーマリンクは「the one you like happens to be near you」としました。和訳は、あなたの好きな人(求めている人)は偶然にもそばにいる、です。

わたしは不器用です。ですから1つづつ試すしかありません。当然時間がかかります。

はじめは、時間がかかると「損する」と思ってました。で、焦るのです。でもそれで焦るともっと「損する」ことに気が付きました。

ですから、自分のリズムの中で「スピードアップ」するよう心がけました。

その方法とは?

真似する人を見つける!という事です。ま、ようするに、好きな人という事です。

最初は大変でした。何故なら自分が可愛いから人のことはどうでもいいのです。

人の意見は「聞いたふり」はしますが、実は聴いていないのです。ということはなにも実になっていないという事です。

ですので、とにもかくにも、いろいろな方々の意見を見聞きするよう心掛けたのです。

見つけました!

「わかったブログ」を主幹するカン吉さんです。

彼の書籍を読んで、気持ちをわしづかみにされました。

・余計な形容詞で文を飾っていない。
・明快な主張でストレートに記載する。

直球は味付けがありません。その代り誤解を招きます。しかし心に直に伝わります。

書籍から引用します:

「同じことを何度も書く重要性」

でも、その理由を明快に示しています。つまり;

・過去の記事は読まれない
・切り口を変えて、何度も書く

ふふふ、これ英語でも同じです。単語も熟語も文法もいつも同じです。でも切り口を変えて教えれば超変わるのです。

わたしは不器用ですが、この感覚があるとないとでは雲泥の差でだ、といつも思ってます。そして案外それは「切れ味」なのです。そんな切れのある書籍です。

ご案内します:

是非読んでみてください。

logo

余談ですが、彼は「simplicity」というブログソフトを使っています。実はわたしも同じなので、親近感を感じてしまいました。笑!