英文法学習飽きた、続かない、そんな時の対処法とお役立ち英語関連書籍!

現場でも発話して恥をかく、学習も繰返して手を抜かない!英語学習にマジックなし!

「実践と学習」

会話から覚えた言い回しを文法で確認する!

文法で学習した言い回しを会話で活用する!

 

あなたはどっち派?

 

1.勉強しないで留学しても、

ある程度の期間滞在すれば、英語はなんとか喋れるようになります。

しかし、ポイントはその後のこと。

文法等を学習せずにそのままほっといたら、語法の間違いに気づかず情けない英語のままになります。

但し、

厄介なのは、見た目、聴いた目は、かっこが付いているように見える

 

2.文法を徹底的に学習すると、

テストで高得点を取ることが出来る。そのことが自信となり、さらに学習に拍車がかかります。

しかし、

同じような意味の言い回しのうち、どの言い回しをどの状況で使えば、一番適格に相手に伝わるかがわからないまま、

少々間の抜けた使い方をしてしまうことが頻繁におこる。

 

じゃ、

どうすればいいか? 答は:両方すること!

 

1.をやったら、必ず2.文法等を確認すること。

2.をやったら、必ず1.生で使い失敗すること。

 

そう、両方すること。

 

では、

以前にも投稿した内容になるが、使役動詞と get についてご説明する。

「have」「make」「get」

 

質問:

1.勉強しない息子に勉強させる、と言いたい時にはどれを使うか?

2.秘書にファックスを送らせる、と言いたい時にはどれを使うか?

3.家内に駅まで迎えに来させる、と言いたい時にはどれを使うか?

 

正解:

1.She made her son study math.

2.I’ll have my secretary fax it to you.

3.I will get my wife to pick me up.

 

単語のポイントを申し上げます。

 

「have」:この単語には動きがありません。当たり前のことをさせる感じが含まれます。

「make」:主語の意志が強く出る単語です。つまり相手の状況などを考慮していません。

「get」動作、動きが加わる単語になります。相談や説得が必要な動きがあります。

 

注釈:get を使って have + O + 原形不定詞と同様の意味にすることが可能。その際は、get + O + 不定詞となる。

 

生でも使って恥をかく!
学習も繰返し手を抜かない!

 

しっかり続けて下さい。

英会話上手になるために変人留学生だったわたしが取った文法を会話に活かすための方法!
どうして英語の構造を押さえれば必ず英会話の上達につながるのか!
読む力を補強してくれるこの「新文型5種」をしっかり身に着ける!
これが現状なのです高3生7~9割の英語力中学卒業以下じゃこまるのでこれを読む!
驚くことに欧州各国では約3割以上の人は英語で会話することが出来るという調査結果出ている!

初記事2016年5月28日

写真のクレジット: