ただじゃすまないからな!ってこんな英語なんですよ!

習って覚えた英語の意味ではこの言い回しの「強さ」は分かりません。

「There will be consequences.」

直訳ですと、「結果になる(ある)でしょう」ですけど、これではなんとも意味不明です。なんとなく感じますが。

実は、consequenceには、ある行為により生じた直接の結果、それは行為をしたものが責任を負う必要がある、という悪い結果をも意味します。つまりconsequenceだけで「悪い」という意味が含まれているのです。ですので「ただじゃすまないからな!」となるのです。

楽KUN
If you can’t make it by tomorrow, there will be consequences for all involved.
明日までに出来なければ、みんなヤバいことになる。

 

こんな使い方になるわけです。まあ、ほとんど喧嘩したり、争ったりしたときに、口をついて出る脅しの言い回しになることが多いでしょうか!つまり脅迫ととられることが多いのでくれぐれもお気をつけて。

注文して宅配してもらう、ってこんな言い方なんですよ!

2017.06.09
こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。