英語の上手な人だけが特別な脳機能があり上達を享受しているわけではありません!

山に登る際には、自分に合った登山計画を立てて、それに沿ってしっかり進んでいく。

 

それが登頂達成の最短コースです!

 

英語・英会話学習もそうしてみてはいかがですか?

 

 

以前にこんな記事をアップしました。

 

 

語学の上手な人には、特別な能力や特殊な脳機能が備わっているのでしょうか?

答は、「NO」です。

スタートラインは同じ!?

もし私たちの脳が持つ全ての機能が解明されれば、多くの語学学習者の悩みが解決されるのではないか?

 

そんなことをしばしば考えることがあり、このよこしまな気持ちが、ある記事との出会いをもたらした。

 

英語の上手い人も下手な人も、同じ脳の一か所しか使っていないということが分かったそうです。

同じ場所を使うのに、スターラインが同じなのに、なぜ上達に差がでるのでしょうか?

言語獲得のメカニズムとは?

 

東京大学教授の酒井邦嘉氏の研究成果によるものです。

 

人間の脳には言語獲得のメカニズムが生まれつき備わっている、(米国の言語学者ノーム・チョムスキー説)を裏付けるものでした。

語学堪能者でも、
学習を始めたばかりの初心者であっても、
脳の同じ場所で活動の差が認められるものの、
基本的に人はみな、
脳の全体で1ヶ所しかを使ってない、

それは、以下のように説明されています。

普遍文法が邪魔をする!

第1言語(L1):日本語

第2言語(L2):英語

に置き換えてみましょう。

 

脳は、英語を学習する際に、

自然に日本語に最適化された回路を形成しようし、

日本語に存在する「普遍文法」が機能することにより、

英語の発音や文法が日本語に影響され、間違いを起こす。

 

というものです。

この普遍文法が学習する際にいつも顔を出してきて邪魔をするというものです。つまり上達を妨げているのです。

共通の習得法はないとは?

なぜわたしたちは、生来のメカニズムを持っているにもかかわらず、習得効果に差が生まれるのでしょうか?

 

酒井教授は、多くの学習者に適応する共通の習得法は、存在しないと主張しています。

つまりは、一つの訓練を複数の人間に適用しても、効果が表れる人とそうでない人が出てくるということになりますね。

 

この方法が今一番人気がある、これが最新のトレーニング方法、と言われるものにすぐに飛びついても、あなたには向いていないかもしれないわけです。

 

ではどうすればいいのか?

それは、自分には何が向いているか、何が効果があるのか、自身で自分に合った独自の設定をしていないからです。

まとめます!

だれもが同じ脳の部分を使用している、ということ。

 

第一言語に強く影響を受ける、ということ。

 

しかし、
多くの人に共通する学習法がないので、自身で自分に合った独自の方法が必要だ、ということ。

 

もうお分かりになった事と思います。自分に合ったカリキュラムを組んで、それに沿ってトレーニングをすすめることがとても重要だということが。

 

あなたの時間とお金を無駄にしないためにも、「自身に合った独自の方法」を見つける必要がありますね。

 

もし時間があればこちらの記事をご参照ください:

なぜそんなにテストと点数にこだわるの?英語力とは結局現場でコミュニケーション力と言う話!

2017.01.31

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA