英語堪能者も初心者も脳の同じ場所しか使っていない!なぜ上達に差がでるのか?

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

もし私たちの脳が持つ、全ての機能が解明されれば、
多くの語学学習者の悩みが解決されるのではないか?

そんなことをしばしば考えることがあり、
このよこしまな気持ちが、ある記事との出会いをもたらした

それは、
東京大学教授の酒井邦嘉氏の研究成果。

人間の脳には言語獲得のメカニズムが生まれつき備わっている、(米国の言語学者ノーム・チョムスキー説)を裏付けるものだった。

語学堪能者でも、
学習を始めたばかりの初心者であっても、
脳の同じ場所で活動の差が認められるものの、
基本的に人はみな、
脳の全体で1ヶ所しかを使ってない、

正直に申し上げるが、
これは私にとって衝撃的なものだった。

それは、以下のように説明されています。

第1言語(L1):生まれて最初に習得した言語。
第2言語(L2):第1言語の後に習得される言語。

脳は、第2言語を学習する際に、
自然に第1言語に最適化された回路を形成しようし、
第1言語に存在する「普遍文法」が機能することにより、
第2言語の発音や文法が第1言語に影響され、間違いを起こす。
というものです。

第1言語(L1):日本語
第2言語(L2):英語
に置き換えてみましょう。

脳は、英語を学習する際に、
自然に日本語に最適化された回路を形成しようし、
日本語に存在する「普遍文法」が機能することにより、
英語の発音や文法が日本語に影響され、間違いを起こす。
というものです。

さらに、
酒井教授は、
多くの学習者に適応する共通の習得法は、
存在しないと主張しています。

どうして、
生来のメカニズムを持っているにもかかわらず、
学習の上達に差が生まれるのか?

それは、
自分には何が向いているか、
自身で自分に合った、独自の設定をすることが
重要だということです

もう一度整理します。
だれもが同じ脳の部分を使用している。
第一言語に強く影響を受ける。
しかし、
多くの人に共通する学習法がない。

となれば、
あなたは今どこにいいるか、
を調べなければ始まりません。

あなたの語彙はどのくらいか。
あなたの語彙は生きているか。
あなたは文法を覚えているか。
あなたの文法は語彙を使えるか。
あなたは音を発しているか。
あなたは音を聞けわけられるか。

その診断結果により、あなたのための処方箋が必要になる。

参照記事:「英語学習の時間を無駄にするな!カリキュラムを組んで努力と継続するが重要!」