英語の言い回しや文法学習に大変役に立つお薦めサイト紹介します!

前回の記事でも触れましたが、英単語・熟語・文法・構文などは、どんどん吸収して学習してください。

私たち日本人が英語を話すために持つべき理解とその覚悟について!

2017.05.25

 

覚えて脳に蓄積すればするほど、反復トレーニングを通じて「自動化」しやすくなりますから!データがなければ始まりません。

 

 

本日はとても参考になる、わたし個人的にも特におすすめの英語・英会話サイトを2つご紹介します。

 

まずは、

「Hapa Eikaiwa」

このサイトを主幹するのはこの方:Junさん。

ちなみに、Hapaとはこういう意味だそうです。

『HAPA』とは?

混血のことをハーフやミックス(最近はダブルともいいますね)と日本ではよく表現されますが、ロサンゼルス(カリフォルニア州)では「HAPA」と呼ぶことも一般的です。HAPAは元々ハワイ語から由来した言葉で「半分」または「一部」を意味します。その名の通り「Hapa Eikaiwa」=「ハーフがお伝えする英会話」です!

(Hapa Eikaiwaより抜粋)

 

何といっても

・あらゆる場面で使えるフレーズが役に立ちます

・使える状況など解説が丁寧で助かります

・説明に加えて例文も多くデータストックには最適です

・Podcastなどの音声データも豊富です

是非サイトを登録してどんどん学習してください。

 

そして、もう一つ。

「日刊英語ライフ」

こちらのサイトを主幹するのは:ニュージーランドを拠点に活動するYOKO OSADAさんとMASA OSADAさん。

 

特徴は;

・たくさんの熟語フレーズの紹介はもちろんのこと

・その「なぜ」「どうして」を丁寧に説明しています

・ですから、単に覚えるから関連づけるができるのです

・日本人学習者のかかえる「悩み」を解決してくれます

こちらも是非読み込んでしっかり身に着けてみてはいかがでしょうか。

 

 

英語は単なるツール。
ツールですから使いこなせばいいのです。
使いこなすためにはしっかり訓練をしましょう。
水泳のトレーニングをするときに似ています。
最初は苦しいですが、続ければ泳げるタイミングが来ます。
あ、これだ!と感じる瞬間が訪れるんです。
しかし継続しなければ相手から来ることはありません。
なので続ければいいのです。

私たち日本人が英語を話すために持つべき理解とその覚悟について!

2017.05.25

アイキャッチ画像:SFSU

こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。