英語のunder controlは、文脈でニュアンスが少し変わってきますよ!

「under control」

日本語辞書では、管理下で、支配下で、と書かれています。このまま日本語としてはとても使いにいですよね。

英語で見てみましょう。

英語では、If something harmful is under control, it is being dealt wih successfully and is unlikely to cause any more harm.(Collinsより抜粋)つまり「If something harmful is under control」と使われた場合には「成功裡に対処されていてさらなる危険は起こさないだろう」という風に説明しています。

しっかりとお伝えしたいことは、単に「The situation is under control.」という英文が出てきたときに、どのように訳すかは、前段に触れた状況にもよります。

もし、問題がすべて解決されたとの内容であれば ⇒ 何も問題はありません

もし、良い方向に進んでいるという内容であれば ⇒ しっかりと対処されている

となるわけですね。

 

ということなので、前後の分を理解し、文脈を取れ得なければなりません。

 

こんな関連記事もどうぞ:

唇をすぼめる、ってこんな英語の言い回しがあるんです!

2017.11.03

 

こんな関連記事も読まれています

ABOUTこの記事をかいた人

英語アドバイザー。役に立つ情報(英語)ブログ運営。学習院大学/サンフランシスコ州立大学卒業。アパレル企業代表取締役の元専任通訳・翻訳者。元IT系ベンチャー企業経営者。現大手個別指導塾英語講師。