レバレッジスキルとしての英語!会社のための英活やめて自分のために学習しよう!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

※レバレッジとは「テコ」の意味です。この話題はまた別の機会にて。
※英活はわたしの造語です。英語資格学習活動の意味です。

会社にはいって英語をどんな時に使うかちょっと想像してみたのですが。

例えば、事務所に出勤するとジャンジャン電話が鳴り響いている中、英語が飛び交っている?!これも少ないと思います。もともと国際電話なら日本時間の夜から夜中でしょうから。

また、朝から晩まで会議が続き、発表から質疑応答まで英語が使われている、という状況?!外資系ならあるかもしれませんが。日本の企業では限られた部署でしかみられないでしょう。

なぜ、そんなに英語資格試験に消耗しているのか?

企業は企業の都合でハードルを設定。商社にしてもメーカーにしても、自分たちに都合のいいハードルを設定して皆さんをふるいにかけます。

高校時代には多くの時間を割いて大学入試に挑みました。これも将来就活する際に有利だからという理由ではなかったでしょうか。それも企業の都合です。今度は英語資格試験です。今まではなかったのに新しいハードルが追加されました。

わたしは、留学経験者日本出戻り、というレッテルを張られていましたので、帰国後の就活も別枠(中途採用)の募集しかありませんでした。入社して何年も雑用をさせる日本独特の風習に、私の留学履歴や英語能力など必要ないのです。しばらくの間、かなりしばらくの間全く英語を使うことはありませんでした。

どうやら今でも同様なことが行われているようですね。

じゃ一層のことそんな英語資格試験で消耗することなく、実際に現場で役に立つ英語英会話学習に切り替えてしまえばどうでしょうか?

高校時代の入試のための英語、これはとても重要な資産です。しばらく使わないと忘れているでしょうが、埋もれているだけです。ホコリをはらいあなたの実力にあったトレーニング開始すればいいのです。

これからの自分のためになる英語学習を開始しましょう。

これからの1年1年はとても重要です。はっきり申し上げて雑用してるぐらいなら、その間になんでも身につけることが出来ると思いますよ。周りがそうしているから資格試験の学習も、と言う安心のために行動するか、それとも自分のためにスタートを切るか。

あなたは英語学習をどう捉えているのか?

自分のやりたい仕事の役に立つ「レバレッジスキル」としてとらえるのか?
就活に有利な「単なる点数獲得」ととらえるのか?

この捉え方の差が、あなたの人生に大きな影響を与えるということを今から認識しておいた方がいいのではないだろうか。

もう英語資格試験で消耗するのはやめにしましょう!