カテゴリーから探す!

この英語の言い回し「when it counts」の使い方ご説明します!

「when it counts」

これは、ここぞという時に、大事な時に、という意味の言い回しになります。

例文は:

He manages to make himself understood in English when it counts.
ここぞという時に彼は自分の気持ちを英語で伝えるんですよ。

 

追加情報:

make oneself understood は、使役動詞を使った言い回しになります。

make+人+過去分詞で、自分のことを理解させる⇒自分の気持ちを伝える、ということになります。

 

さらに追加情報:

when と where の違いについて:

when it counts = at a very important time of one’s life
ここぞという時に

where it counts = in a very important area of one’s life
ここぞという所で

 

 

こんな関連記事もどうぞ:

この英語の言い回し「know better than to do」の使い方ご説明します!

写真のクレジット:USATODAY