ここが正念場だよ、と英語で言いたい時にはこの言い回しでいきましょ!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「where the rubber meets the road」

あーささん
このゴムはタイヤと思ってもらって、そのタイヤが道路に接する所、接する時、つまりテストから本番走行になるという事から来ています。
あーささん
meets は hits に、where は when に置き換えて使えますよ。
ややこしい状況を生むような何かが起きた時に使うものとされています。上記のタイヤの説明ですが、タイヤが地面に接すると摩擦や抵抗が起きるという事を比喩しているようです。
「正念場を迎える」「重要な局面になる」という意味なります。
渋KUN
Boy, I spilled wine on Jane’s favorite shirt.
うわぁ、ジェーンのお気に入りのシャツにワインこぼした。
楽KUN
When she gets home, the rubber’ll really hit the road.
彼女帰ってきたら、正念場だな!

こちらの関連記事もどうぞ: