英語塾は読み書きだけ、英会話教室では話すだけ、一体どこで”4技能”を学べるの?

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

以前の記事で「英語4技能資格・検定試験」について触れた。
参照記事:「どの大学がいつから英語4技能資格・検定試験をスタートするか調べてみた!

グロバール時代に向けて、読む書くだけじゃなくて、聞く話すもできなきゃダメ!といううたい文句があちこちで騒がれて久しい。

どうやら、かなりのスピードでいろいろな変革が起こりつつある。

まずは、英語4技能資格・検定試験とはいったい何なのか?
そして、大学がこの英語4技能資格・検定試験を活用するとはどういうことか?さらに、この英語4技能資格とってるとどうなるのか?

とすれば疑問がわいてくる。

「4技能を習得するための機関はあるのか?」
「あるとすればそれはどこなのか?」

お答えする!

国内で以下の検定試験対策コースを提供しているのは、このスクールだけだ。
※Cambridge Englishのコースは提供していない

「ベストティーチャー(Best Teacher)」

「なぜ、ベストティーチャーが英語4技能資格・検定試験で業界をリードしているのか?」

それは、
創業経営者で代表取締役の宮地俊充氏の肝入りでスタート、そして徹底したからだ。

日本のグローバル化に貢献するということが、一番やりたかったことです。

英会話関連の市場は5千億くらいあるのですが、
「これをやったら英語をしゃべれるようになる」
というサービスはないと思っていて、
どのサービスもソリューションとして機能していないと思っているんですね。

英語をしゃべりたいと思ってどこかに通っても、実際はそんなにしゃべれるようにならない。

私は留学以外のソリューションはまやかしだと思っているので、
そこをちゃんと提供することが、私たちの使命だと思っています。

※情熱社長より抜粋:http://ow.ly/Uj6En

そして、いち早くこの「英語4技能資格・検定試験」という潮流を見抜き、企業の目標をここに設定したからだ。

かといって、単独で充実したサービスを作り上げるのには時間がかかるのは目に見えている。
そのためには賛同企業や応援者が必要になる。その証は:
主なパートナー企業一覧だ。

主なパートナー企業 株式会社ベネッセコーポレーション
株式会社Z会CA
株式会社ジャパンタイムズ
株式会社旺文社
LINE株式会社
ウェブリオ株式会社
アイティメディア株式会社
株式会社トモノカイ
総務省、ICT CONNECT 21
日本公認会計士協会

その検定試験にはどのようなものがあるか見てみよう。

「英語4技能資格・検定試験とは?」

「読む」(リーディング)「書く」(ライティング)に、「聞く」(リスニング)と「話す」(スピーキング)を加えたものを4技能という。以下の9つの「資格・検定試験」を指す。

無題

現在、「ベストティーチャー(Best Teacher)」では、以下の8コースを提供している。

1.通常コース
2.TOEFL iBT対策コース
3.IELTS対策コース
4.TOEIC SW対策コース
5.英検1級対策コース、英検準1級対策コース
6.TEAP対策コース
7.GTEC CBT対策コース
8.TOEFL Junior Comprehensive対策コース

「大学がこの資格・検定試験を活用するとはどういうことか?」

平たく言うと、受験生が上記の9つの資格・検定試験で、必要なスコアと取得していれば、入試科目の英語が免除される、ということ。

受験生のメリットとは?

はっきり言って、一番のメリットは、入試一発のテストに勝負をかける必要がないということ。

入試は一年に一度。しかしこの資格・検定試験は、年に何度もある。つまりは自分の進度や能力に応じて複数回受験する機会があるということ。高校生にとって、3年計画が組める訳だ。

そして、早めに資格をとってしまえば、その他の科目強化に時間をさくことができる。これは大きい。

もうひとつのメリット!がある。

それは、もしこの資格・検定試験のスコアをゲットすれば、そのスコアを使って他の大学の英語入学要件を満たすことができる訳だ。つまり、自分の目指すテリトリーが大学が広くなるということ。

「仕事で英語を活用するためにも!」

世の中には、資格や賞状を持たないが、現場で語学を駆使して仕事で活躍している人がたくさんいる。

彼らは、どうして語学を習得したのが?
彼らは、何のために語学を習得したのか?

答はシンプルだ!

必要だったから。

これほどまでに私たち日本人が世界で注目されている世紀はない。
たくさんのいいことが世界中で拡散している。

でも、同時に根も葉もないことが、大声で語られている。

相手が日本人であれば、日本語で説明すればいい。

外国人にはどうすればいいか?

立ち上がり話さなければならないことが、私たちの目の前に迫ってきている!

「コースをまとめてみる!」

・TOEFL iBT対策コース
2

・IELTS対策コース
3

・TOEIC SW対策コース
4

・英検1級対策コース、英検準1級対策コース
5

・TEAP対策コース
6

・GTEC CBT対策コース
7

・TOEFL Junior Comprehensive対策コース
無題

詳しくはこちらから:

SpeakingとWritingが両方できる唯一のオンライン英会話スクール
「ベストティーチャー(Best Teacher)」

オンライン英会話ベストティーチャーの受講者へのインタビュー

Facebookの友人で、英語マスターコーチの松本秀幸さんも受講していた。

無題

自分が話したいことが明確ならベストティーチャー(Best Teacher)

最後に!

今後アップデートされて情報をゲットしたいときには、こちらの2つのFacebookのアドレスを添付しておく。

 宮地俊充氏のFacebook個人ページ:
https://www.facebook.com/toshimitsu.miyachi

4skills 英語4技能資格・検定試験対策サイトFacebookページ: