willとbe going toと現在進行形はみんな未来を表すので使い分け整理してみました!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

英語アドバイザー(@eigojouhou)鈴江です。

will・be going to・進行形

この3つみんな未来を表すんですよね。どんな風に使い分けたらいいのですか?

塾の生徒から質問を受けましたので、ここで整理したいと思います。

willの使い方!

【単なる予測をあらわす時】

例文:
It will snow tomorrow.
明日は雪ですね

解説:
そうなんです。この例文では、単純に明日は雪が降りそうだね、と予測していることを表しているだけなんですね。

【今まさに意志のスイッチがオンになった時】

例文:
I will help you with your homework if you like.
もしよかったら宿題手伝うよ。

解説:
状況は、相手と話をしていて、相手が宿題で困っているようなので、「手伝ってもいいよ」を今決断して声をかけた感じですよ。

be going toの使い方!

【原因がハッキリしてる時】

例文:
It’s going to snow any minute now.
もうすぐも雪になりそうだね。

解説:
willの時には単なる予測です。この例文では、空模様が変わってきて雪になりそうなとき、つまり原因があるようなときには、これを使うのですよ。

【以前から心づもり(意図)が出来ている時】

例文:
I’m going to visit a friend of mine.
友人を訪ねるつもりなんだ。

解説:
これはもう以前から予定が決まっていて、友人を訪ねると言いたいときに使うのですね。

追加情報:このbe going to の going to を gonna「発音:ゴナ」と発音することがありますよね。わたしもよく発音します。

進行形が表す未来!

もう一つのこの進行形にも予定を表すことが出来るのです。

この違いはわかりますか?

I’m going to go to New York next week.【意図】

I am going to New York next week.【予定】

解説:
どっちがどっちかといいますと、予定の方が強くはっきりしているということです。心づもり(意図)のつもりより予定の方がしっかりしていると考えてくださいね。

be about toの使い方!

be about toという言い方があります。実はこれも近い未来を表します。「これから〜をします」を特に強調したいときに使うことができますよ。【予定の強調】

例文:
I’m about to clean my room.
これから部屋の掃除をするところだよ。

まとめ!

willの使い方!

【単なる予測をあらわす時】
【今まさに意志のスイッチがオンになった時】

be going toの使い方!

【原因がハッキリしてる時】
【以前から心づもり(意図)が出来ている時】

進行形が表す未来!

【予定】

be about toの使い方!

【予定の強調】

こんな関連記事もどうぞ:

almost、most、nealy、mostlyまとめ!

無意識に使っている強調する言い回し、英語強調構文の簡単な作り方のまとめ!