バンクーバーで保育士をしている方のサイト、幼児英語がもの凄く役に立ちます!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

あなたは幼児英語をどのくらい知っていますか?

わたしはたぶんですが、ほとんど知らないかもしれません。

この方の頑張りが凄いですよ。Naoko Fujiiさん!

無題

このサイトを運営しているNaoです。カナダで現地保育士として働き出して7年目。福岡大学人文学部卒業後、カナダに留学。日本での保育士経験ゼロからMTIコミュニティーカレッジで1年間Early Childhood Educationを勉強。実習先のデイケアに就職。その後プリスクールで働く。就職先でワークビザをスポンサーしてもらい、後にCEC移民(Canadian Experience Class) で永住権取得。

彼女は目標がしっかり見えてきたんですね。「英語を」から「英語で」に変化し、さらに「ライフスタイル」になってきています。

現場で身につけた情報はとても役に立ちます。そんな彼女がリストアップした「幼児英語」をご紹介します。覚えとこ!

抜粋させていただきました。

━ 単語 ━

・幼児語
・大人上級者でも知らない?単語
・おもちゃ
・乗り物関係の擬音表現
・動物・人間関係の擬音表現
・いろいろな擬音表現
・病気に関する単語
・アートアクティビティ
・乗り物関係の単語
・算数英単語

━ イディオム ━

・子供が使う表現
・保育士が使う表現

最後に!

日本語でも英語でもネイティブは約7万語と言われています。ですから、幅広い分野の語彙が豊富に出し入れできるようになっています。

学習言語の場合、最初の数年でも非常に限られた分野の英語のデータベースしか構築できないのが現状です。

そこから、どんどんと幅を広げていくわけですが。

日本語で考えてみれば納得されると思います。中学生では、地理に地学、生物、物理といった用語はわかりません。高校生でも日経新聞を読んでも、経済の用語の字を追うことは出来ても単語の意味が分からないでしょう。

同じことが英語でもいえます。わたしは経営学部でウォールストリートジャーナルを読まされていましたので、この分野は強いです。

しかし、樹木や花、魚の名称に医学用語などは後追いで詰め込むというのが精一杯でした。今でも苦労しています。

ですから、この幼児用語というのも、専門語彙に入るのではないでしょうかね。とっても助かります。

Naoko Fujiiさん、今後のご活躍を応援します。

こんな記事もどうぞ!