英語の仮定法過去もこんな歌詞になると、しっかり気持ちが伝わってくる!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

500541-beach_boys

「仮定法過去」とは、現在の事実に反する仮定を表現するときに使う。

Since the computer is very expensive, I don’t buy it.(という事実)
コンピューターはとても高いので、買わないよ。

If the computer were not so expensive, I would buy it.(仮定法過去)
もしコンピューターがそんなに高くなかったら、買うよ。

※ここではbe動詞は、was ではなく were とする。ちなみに会話で was のままにすることもある。

さて、
仮定法過去という堅苦しい響きとは打って変わって、こんなにかわいい切ない曲になる。

随分と前の曲になるが、ビーチボーイズというカリフォルニアのバンドの曲。

「Wouldn’t it be nice」

自分が話者のつもりになって、一緒に歌ってみよう。

この「素敵にちがいないね」という気持ちを感じることが出来るのではないだろうか?

2012年のジャパンコンサートより:

Wouldn’t it be nice if we were older
Then we wouldn’t have to wait so long
And wouldn’t it be nice to live together
In the kind of world where we belong

You know its gonna make it that much better
When we can say goodnight and stay together

Wouldn’t it be nice if we could wake up
In the morning when the day is new
And after having spent the day together
Hold each other close the whole night through

Happy times together we’ve been spending
I wish that every kiss was neverending
Wouldn’t it be nice

Maybe if we think and wish and hope and pray it might come true
Baby then there wouldn’t be a single thing we couldn’t do
We could be married
And then we’d be happy

Wouldn’t it be nice

You know it seems the more we talk about it
It only makes it worse to live without it
But lets talk about it
Wouldn’t it be nice

Good night my baby
Sleep tight my baby

アイキャッチ画像::bestfan.com