英文法を英会話に活かすために、この英語の「つかみ方」にトライしよう!

この記事に共感いただけたら感謝!応援が励みになります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

いっそのこと、
全く違う方法で英語を学んでみるのもいいのではないでしょうか?

悩ましい語学学習!

英文法、単語帳、英文法・語法問題集、英語長文レベル別問題集、熟語・フレーズ集など、皆さんの今までの努力は涙ぐましいものです。

でも、いざ会話となると、口からいつも使っている単語さえ出てきません。それどころか、状況別英会話本などに頼ることになります。

でもそんな会話集例文を見ると、自分でも自分がいやになるほど簡単なモノばかり。

そんな経験はないでしょうか?

新たな体験をする!

それではご紹介します。以下の書籍です。「あ、読んだことある!」という方はこの記事飛ばしても結構です。

しかし、もしまだという方であればポイントを解説していきたいので、目を通して頂ければ嬉しいです。

なぜこの書籍が興味深いと言いますと、それはいわゆる「英文法」のことは触れていません。たまに分詞や関係詞といった語彙が現れますが、その解説はありません。

それなので、一応英文法や熟語・フレーズなで一通り学習されてきた方を対象に書かれている書籍であると思ってください。

対象から外れる方に「読むな!」と申し上げているわけではありません。しっかり原則を押えながら、復習という手もあります。その判断は皆さんに委ねます

こんな言葉から!

とても気に入っている「クダリ(行)」がありますので、抜粋してご紹介したいと思います。

この本では、英語ということばを動かしている「原則」を解説します。あまりにも基本的すぎてだれもが見過ごしている、単純すぎてどんな文法書にも書いていない英語の原則。この簡単な5つの原則を理解すれば、英語の本当の姿が見えてきます。ー大西泰斗

英語の5原則!

英語には5つの原則があります。ここから始めましょう。

1.並べると説明

2.前から限定

3.足りないをおぎなう

4.不安定な感情

5.ときは距離

並べると説明?

これはどう意味かといいますと、「文の構造」に関することなのです。つまり、主語、述語という風に順番に置いていくというものを説明していますよ。

IMG_1471

日本語では、「てにおは」という便利なツールがあって、これを品詞についけて使いたい形にするんです。

例えば、この本の例でいきますと、「ルーシー」は主語です。何故って「ルーシー」のあとに「は」が付いているからです。

もし、「ルーシー」に「に」を付ければ述語の中に入ります。そして目的語になります。こんな具合です。

つまり、日本は「てにおは」を付けて処理する。「てにおは」がしっかりついていれば、どこに持って行っても意味が通じるという言語なのですね。

ですから、「Gave Mary a present Lucy」にはならないのです。意味が通じないのですよ。

これ超重要なところです!

和文英訳や並び替えを中高生に教えているときにも、必ず出てくるポイントです。これについては、わたしの過去記事をもう少し詳しくご紹介していますので、ご参照ください。

こんな「感覚」を是非掴んでくださいね!

もう一つわたしの過去記事をご紹介しておきます。英語の構造について少々掘下げてご説明しているものです。

もう一つの重要ポイント!

書籍のP23ページの真ん中へんの文にこんなものがあります。

I am happy you broke up with your boyfriend.の文をつかって説明しているところです。

詳しく言えばネイティブには次のように見えているんですよ。I am happyをyou broke up…が「説明している」関係になる、だから接続詞ナシでも「ああ、幸せなのは別れたからだな」とわかるというわけですよ。

文法書を思い出してみると、この文の説明は、接続詞のthat省略されていて、そのthat以下のことを知って嬉しい、なんて説明しているはずです。

でも順番に貼り付けていけば簡単ですよね。思った順、感じた順に口から出せばいいじゃないかと思うと、喋れるような気がしませんか?!

前から限定!

これは目から鱗の解説ですね。わたしもよく使います。前から限定?ってなんでしょう?

これです。

例えば、shirtがあります。これだとただのshirtですよね。これにaを付ければ、a shirtになって一枚のシャツになります。そしてa blue shirtにすれば、一枚の青いシャツとなります。これが前から限定するというものです。

こちらももう少し詳しく書いた記事がありまので、ご参照ください。

足りないをおぎなう!

この言葉には感激しましたね。「足りない」!どういうことかと言いますと、P118のこの部分です。

IMG_1472

丸暗記したこれらの使い方に、この「おぎなう」という感覚を是非ゲットしてください。

You knowで、あなたは知っているになります。Do you knowでは、当然あなたは知っていますか?ですよね。

でもこれでは足りなくないですか?ですから、足りないものを補うのです。以下のような固まりを補えばいいのです。

・what that meas?

・which to buy?

・where I can get the ticket?

・how to get to the station?

こちらもご参考までに:

残り2つとなりました。

不安定な感情!については、

これは配置換え関するものですね。感嘆文とか疑問文を思い出せばいイメージにできます。

ときは距離!

このイラストをご覧ください。

IMG_1473

ここでは、このイラストを添付して終了にしたいと思います。

まとめ!

いかがでしたでしょうか?

英語って思ったよりもシンプルですよね。そしてペタペタ貼り付けて喋っていけばいいんですよ。

英文法という「呪縛」から自分自身を開放するにはもってこいの書籍だと思います。英語ネイティブの感覚を日英双方の違いを熟知したこのお二方から是非ゲットしてみてください。

もう一度書籍のご案内:

もし、全ての英文法に興味あり、という方には以下の書籍がお薦めです。英文法大全といってよいと思います。お薦めです。