どうしてここで仮定法?なぜこっちは直説法?その理由とポイントのまとめ!

「仮定法と直接法」

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語です。

この suggest という動詞にはよくお目にかかりますよね。

スズヒロ

私は、なぜかこの動詞をみるとすぐに体が反応してしまいます。英文法で覚えた仮定法現在を使ってしまうというものです。

さて本日は、

直説法と仮定法使い分けポイント、さらには現代英語の傾向、などポイントを整理しましたのでご紹介します。

早速ですが、以下の2つの例文に間違いがあれば指摘してください。

1.Are you suggesting (that) I’m not telling the truth?
わたしが本当のことを言ってないとでも言うんですか?

2.They suggested to him (that) he (should) go alone.
彼らは彼に一人で行くようにいった。

1.質問の正解は!

両方とも正解!項目4でご説明します。

2.直説法と仮定法とは?

直説法!

直説法とは、あることを事実として言うときの動詞の形のことをいいます。

アサさん

平叙文、疑問文そして感嘆文は直接法になります。

簡単に言えば、通常の文のことです。

直説法の動詞は、主語の人称・数・時制によって決まります。

仮定法!

仮定法とは、あることを仮定のこととして言うときの動詞の形のことをいいます。

ラクくん

仮定法の動詞は、通常は直説法の動詞と同様に現在・過去・過去完了の時制を持ちます。

しかし、were だけが特別な形として残っている。

3.仮定法現在を使うもの!

動詞には:

command / order 「命令」
insist / request / demand 「要求」
suggest / propose / recommend「提案」
decide / determine「決定」

例文:
I suggested that they (should) stay in Paris for another week.
わたしは彼らにパリにもう一週間いるようにと提案した。

形容詞には:

essential 「不可欠である」
vital「極めて重要な」
necessary「必要である」
desirable / advisable「望ましい」
important「重要な」

例文:
It is necessary that you (should) start right away.
君はすぐでも出発する必要がある。

ポイント

「command」「order 」「request」は、S V O to do の形は可能

「propose」「recommend」「decide」「determine」は、S V doing の形は可能。英国では S V O to do の形は可能

「suggest」「insist」「demand」 は、S V O to do、S V to do の形は不可

4.両方とも正解?

1.Are you suggesting (that) I’m not telling the truth?
わたしが本当のことを言ってないとでも言うんですか?

スズヒロ

この文は、~を暗示するという意味になり、命令的内容が続くわけではないので直説法にする、というものです。

2.They suggested to him (that) he (should) go alone.
彼らは彼に一人で行くようにいった。

スズヒロ

こちらの文は、~を暗示するというより命令的内容が続くので仮定法にする、というものです。

5.現代英語の傾向とは?

現代英語においては、

仮定法現在が使われるのは、上記3の「仮定法現在で使うもの」でご紹介した動詞や形容詞の後の that 節の中に限られます。

条件節の中では慣用句を除いて多くは、直説法現在を使う傾向にあることを覚えておいてください。

if 文の時には、ほとんど仮定法現在を使わない傾向にあるということ。

慣用句の例文:
If need be, I’ll give you some advice.
必要なら助言するよ。

直説法の例文:
If it snows, what will you do?
雪降ったら何する?

スズヒロ

If it snow, と s を付けずに原形することはほとんどないですね。

注:条件節とは、if などで始まる従節このとを言います。

6.使えない文の形!

上記でご紹介しましたが、もう一度書いておきますね。

例文:I(‘d like to) suggest (that) we start now.

使える使えない

使える形使えない形は以下の通り:

◯I(‘d like to) suggest starting now.
◯Let’s start now.
◯Why not start now?
✕I suggest to start now.

例文:They suggested to him (that) he (should) go alone.

使える使えない

使える形使えない形は以下の通り:

◯It was suggested to him (that) he (should) go alone.
◯They suggested his going alone.
✕They suggested him  (that) he (should) go alone.
✕They suggested him to go alone.
✕He was suggested to go alone.

(英和辞書ジーニアスThird Editionより引用)

注:「suggest」「insist」「demand」 は、S V O to do、S V to do の形は不可。

 

英文法をしっかり深堀りしたい、確実に調べたい、という方には!
この辞書が超おすすめです。

単語の辞書があるように、英文法の辞書もある!英文法のマストバイ辞書はコレ!

こんな関連記事もどうぞ:

英語の曜日の使い方なかなか手ごわいのでまとめました! この単語四六時中使います。助動詞「can」まとめです!

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語でした。

写真のクレジット:ideas.darden.virginia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください