この英語の言い回し「It depends」「It depends on~」の使い方ご説明します!

「It depends」「It depends on~」

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語です。

状況によるよね、って言いたい時は、この言い回しで行きましょう。case by caseじゃない方がいいですよ!

スズヒロ

簡単な言い回しほど、それをどのように使うかで勝負(ぴったりの状況)が決まります。この熟語も確か中学3年ぐらいには出てきたと思います。

是非「使い勝手」を押さえておきましょう。

英語では、spoken used to say that you cannot give a definite answer to something because your answer will be affected by something else(LONGMANより抜粋)

Are you coming to jack’s party tonight?
今晩ジャックのパーティー行く?

It depends.
状況によるな。

On what?
どんな?

続きは

この例文の「On what?」のあとにどんな返事をしますか?
こんなのはいかがでしょう!

例えば、仕事の状況の都合。

On my work.
仕事の状況によるよ。

これって、行きたくないというニュアンスがはいってますよね。笑!

追加説明

ケースバイケースは、「on a case-by-case basis」って言う風に使うといいです。

英語では、used to describe decisions that are made separately, each according to the facts of the particular situation:(Cambridge Dictionaryより抜粋)

That will be discussed on a case-by-case basis.
その件は個別に議論されますよ。

こんな関連記事もどうぞ:

この英語の言い回し「give it up for」の使い方ご説明します! この英語の言い回し「edge out」の使い方ご説明します!

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語でした。

写真のクレジット:Marketing Land

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください