自分に負荷を与えることが上達への近道ですよ!語学の学習は特に!

「自分に負荷を与える」

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語です。

英語でも英会話でも、自分に合ったプロクラムを組み、カリキュラムに沿って進めていく!

 

いいんですけど、一言申し上げます。

 

プチ学習とか自分流学習とか、これではなかなか進歩しません。

なぜなら、あなた自身が「安心」しているからです。

安心はいってみれば、現状維持になんです。

 

現状維持に進歩があるのでしょうか?

 

先に申し上げておきますが、私は「スパルタ系」でも「体育会系」でもありません。

根性とか気合を連呼するつもりもありません。

 

「自分に合っている」と思う少し「上」を設定しないと進歩しにくいのですよ。

 

私の経験だけではありません。多くの人が共通の認識としています。

 

筋肉も負荷を与えると、発達します。

脳も負荷を与えると、進化します。

 

ですから、

しっかり「上」をセットしてください。

 

こんな関連記事もどうぞ:

何度も申し上げますが、語学学習とは「わからないことと上手に付き合う」なんです! この2つとの付き合い方で決まります「高揚感」と「母国語の納得感を求める衝動」!

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください