この英語の言い回し「leave with pay」の使い方ご説明します!

「leave with pay」

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語です。

有給休暇って、こんな簡単な英語言い回しでいけますよ!

スズヒロ

もともと英単語「leave」の中には「休暇」という意味がありますので、これで支払い付きと考えれば有給休暇が連想できますよね。

ほかの言い方には「paid leave」というのがあります。

同様の意味として使われる単語の「holiday」や「vacation」よりはこの「leave」の方がビジネスで使われることが多いです。

「許可を得て仕事を休む」という感じです。

アサさん

アメリカ人の叔父に聞いたところによると、長期休暇はアメリカでは「vacation」イギリスでは「holidays」

では、有給休暇を申請するはこんな言い方ができます。

I’m gonna put in leave with pay.
有給休暇申請するつもりなんだ。

※堅苦し単語よりこの簡単な句動詞「put in」を覚えてください。申請するという意味がありますよ。

追加説明

もう一つの休暇(休み)「day off」

これは週のうち決まった休日をいいいますよ。

Friday and Saturday are my days off every week.
金土が毎週休みです。

曜日についてはこんな記事もご参照ください:

英語の曜日の使い方なかなか手ごわいのでまとめました! おすすめの書籍はこちらです!

ポイント

フレーズが単に知識としてではなく、生きた言葉として使われる。

この書籍の中に含まれる多くのフレーズには解説が含まれ、読んでいて場面を想像することができます。手元に置いておきたい一冊ですよ。

気の利いた英語フレーズでネイティブとスモールトークがしたければこの書籍!

こんな関連記事もどうぞ:

とんでもない、それどころか、ってこんな言い回しもありますよ! 厄介な人、めんどうな人物って英語でどんな風に言うでしょうか?

英語ブロガーの鈴江(スズヒロ)スズヒロ@伝える英語でした。

写真のクレジット:AFTERMARQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください