この英語の言い回し「make oneself understood」の使い方ご説明します!

「make oneself understood」

仕事人・投資家&英語アドバイザーのスズエヒロユキです。

私の英語通じた、ってこんな表現なんですよ!

以前の記事でご紹介した使役動詞の用法に関連するのですが、make もまた過去分詞を伴う言い回しがあります。

こんな形に!

日本語ではよく「英語が通じる」という表現を使います。

しかし、それがなんともこんな形「make oneself understood」になるわけです。

是非覚えておいてください。

I managed to make myself understood in English.
何とか英語で話を通じさせることができた。

追加情報:

使役動詞には、よくご存じのとてもよくつかわれる「have」があります。

I had my hair cut.

髪を切ってもらった。

本当に自分で髪の毛を切らない限り、これを使ってください。

こんな関連記事もどうぞ:

この英語の言い回し「see to it that」の使い方ご説明します!

仕事人・投資家&英語アドバイザーのスズエヒロユキでした。

写真のクレジット:85begin